ここから本文です。

平成21年7月27日

とき 平成21年7月27日(月)午前10時00分から
場所 第2応接室
出席者
  • 市側:市長、樋口副市長、中野副市長、総合政策部長、財政部長、保健福祉部長、環境衛生部長
  • 記者側:7社9名参加

発表内容

  1. 平成20年度決算の概要について
  2. ecoライフ大作戦~053ステージ2~について
  3. 女性特有のがん検診推進事業子宮頸がん・乳がん検診の実施について
  4. 市民参加条例施行記念川柳・短歌・都々逸コンテスト結果の公表について

【市長説明】

本日の記者会見の案件は4件でございます。

はじめに案件1の「平成20年度決算の概要について」でございます。
本市の一般会計、特別会計及び企業会計合わせて15会計の「平成20年度決算の概要」がまとまりましたので、発表いたします。
詳細につきましては、後程、財政部長から説明させますので、私からは総括的なお話と健全化指標のお話をさせていただきます。
一般会計の決算は、歳入歳出差引で3億3,821万円の黒字となりましたが、これは、昨年度に比べ1億8,952万6千円の減でございます。
景気低迷による市税収入の減少や基金残高を考えますと、今後の財政運営は、例年以上に厳しいものになるものと認識しております。
特別・企業会計の決算につきましては、累積赤字を抱えている全ての会計で収支の改善が図られましたが、今後も一層の経営努力が必要と考えています。
次に、本市の財政健全化計画の指標としている三つの数値についてご説明します。
まず、「経常収支比率」は、89.7%で前年度の90.7%から1ポイント改善したものの、目標の89.5%には0.2ポイント及びませんでした。
これは、昨年後半からの景気後退により、地方消費税交付金等が見込みより減少し、分母となる経常一般財源が減ったことが主な要因と捉えております。
「公債費比率」は、17.8パーセントで前年度の18.1%を0.3ポイント下回っており、こちらは目標値の19%をクリアしています。
次に、「実質公債費比率」は、自治体財政健全化法に基づく健全化判断比率に組み込まれ、現在、算定作業中のため、確定値ではないことをご理解のうえお聞きいただきたいと存じますが、11.7%で前年度の12.4%から0.7ポイント改善し、目標の12.2%を下回る見込みとなっています。
これらのことから、着実に財政健全化の道筋を歩んでいるとの認識を持っていますが、昨年からの世界同時不況による今後の景気動向など先行き不透明な部分があり、懸念しているところでございます。
次に、公営企業会計の資金不足比率で、平成19年度決算値で「経営健全化基準」の20%を超えていた市立病院会計と市営バス会計でございます。こちらも確定値ではございませんが、市営バスは基準をクリアすることができない見込みでございます。
そのため、健全化法による経営健全化計画を策定する必要が出てまいります。
なお、正式な比率は、監査委員の審査を経て、9月定例会に報告をさせていただく予定でございますので、よろしくお願いいたします。
会計ごとの詳細については、財政部長から説明をさせます。

財政部長説明

本市の一般会計、7つの特別会計及び7つの企業会計、合わせて15会計の「平成20年度決算の概要」について説明いたします。
「市税の状況」につきましては、市税収入は、昨年度に比べ2億614万6千円の増でございます。
主なものを申し上げますと、まず市民税では個人市民税が1億1,871万円8千円の増となりましたが、法人市民税が1億5,633万円の減と落ち込み3,761万2千円の減となりました。
固定資産税では、土地で1億361万円の減となりましたが、家屋で1億7,500万4千円の増、償却資産で1億1,586万9千円の増などでございます。収納率は94.4%で、昨年と同率になり、道内主要10都市では昨年度に引き続き、札幌市に次いで第2位でございます。
国民健康保険事業会計につきましては、決算の歳入歳出差引は6億9,408万7千円の赤字となっております。赤字額は昨年度に比べ4億7,127万5千円ほど解消しております。
要因としては国民健康保険税滞納繰越分の収入で1億1,420万8千円の増、医療費3億1,403万7千円の減などでございます。
老人医療会計の1,236万1千円の赤字は、平成21年度で清算され、収入となるものです。
沼ノ端鉄北土地区画整理事業会計は、決算の歳入歳出差引は22億1,284万円の赤字になっております。
職員退職手当基金会計は、各会計からの負担金によって運営しておりますが、歳入歳出とも27億8,290万6千円の決算となっております。なお、20年度の基金取崩額は8億884万5千円で、年度末基金残高は、5億3,701万6千円となっております。
次に、霊園事業会計でございますが、霊園使用料以外の収支不足は、一般会計が負担することになっております。歳入歳出とも9,411万9千円の決算となっております。
介護保険事業会計は、国民健康保険事業会計と同様、支払基金及び国、道、市の負担区分に基づき事業が運営されておりますが、本年度は6,345万4千円の黒字になっております。
後期高齢者医療会計は歳入歳出共に13億1,914万5千円となっております。
企業会計の決算概要について説明させていただきます。
水道事業会計の収益的収支は、4億8,640万5千円の黒字となっており、また、単年度の資金収支でも1億9,456万5千円の資金増となり、累積資金も13億2,269万8千円となっております。
下水道事業会計では、収益的収支が4億7,208万2千円の黒字でありますが、単年度資金収支では7,081万4千円の資金減となり、累積資金は5億7,133万3千円となっております。
自動車運送事業会計の決算は、一般会計からの支援もありますが、収益的収支で3,077万1千円の黒字となっております。累積資金不足額は4億5,448万5千円となっており、前年度と比較し4,285万5千円改善しております。
また、市立病院事業会計は、収益的収支で13億8,748万8千円の赤字決算となり、累積資金収支も10億3,205万8千円の資金不足となっております。
単年度収支5億2,511万5千円の増は、公立病院特例債9億5,810万円の借入によるものでございます。
次に、土地造成事業会計の決算は、収益的収支で3億2,549万9千円の黒字で、単年度の資金収支では、1億9,597万7千円の黒字となり、年度末の累積資金不足額は34億2,756万7千円に改善しております。
市営住宅事業会計は、収益的収支2,891万1千円の黒字でございます。資金不足額は前年度に比べ2億1,174万円改善し、3億4,634万6千円となっております。
最後に、公設地方卸売市場事業会計の決算は、収益的収支で1,985万円の黒字になっております。資金収支でも1,452万2千円増の3億1,268万3千円となっております。
以上が、平成20年度の各会計決算概要でございます。

つづきまして、案件の2「ecoライフ大作戦~053ステージ2~について」ご説明をさせていただきます。
今年度4月から展開しております、『ecoライフ大作戦~053ステージ2~』で掲げております目標などの進捗状況をご報告いたします。
家庭系ごみの1人1日10gの削減目標につきましては、まず、6月の総排出量は、前年と比べ7%、272t増加の4,138tとなっております。
1人1日の排出量では、52g増加の794gとなり、残念ながら前年同月を超える結果となりました。なお、4月から6月の累計では18gの増となっております。
増加要因のひとつといたしましては、カレンダーの関係で、収集日が前年同月より1日多かったことが考えられます(21日→22日)。
例年、夏場はごみの量が多くなる傾向にありますので、市民の皆様には、今一度、生ごみの水切りやリサイクルの徹底、また、コンポストの利用など、引き続きごみの減量にご協力くださるようお願いいたします。
続きまして、ecoライフ大作戦のキャンペーンに掲げております、1人1日1.5kgのCO2削減の状況についてご報告いたします。
なお、キャンペーンの進捗状況につきましては、全市民の削減状況を把握することが難しいことから、今回、34名のCO2削減モニターの皆様に、6月から11月までの6カ月間、「電気」、「ガス」、「水道」、「車燃料」の4項目の節約に取り組んでいただき、その結果のCO2削減状況をご報告するものでございます。
取り組み開始の6月の集計結果では、モニター1人1日当たりの平均CO2排出量は4,379gで、前年同月の5,096gと比べ717gの削減となりました。
6月の取り組み結果は、削減目標の1.5kgの約50%の削減となっておりますが、夏場で削減効果が大きい灯油を除外していること、また、取り組み間もないことを考えますと、大きな削減量ではないかと思っております
この削減結果は、市民の皆様の取り組みの目安や参考となりますので、モニターの皆様には引き続き省エネに取り組んでいただき、少しでも目標に近づくよう努力をお願いしたいと思います。
また、1人1日1.5kgのCO2削減の取り組みとして、
今月から約2カ月をかけて全町内会を対象に出前講座を開催してまいります。既に開催した町内会からは、DVDの上映や削減につながるお得な情報の提供、身近な例えなど、大変分かりやすいと好評を得ておりますので、ぜひ、多くの皆様に参加していただきたいと思います。

次に案件3の「女性特有のがん検診推進事業子宮頸がん・乳がん検診の実施について」ご説明をさせていただきます。
今回、女性特有のがん検診推進事業として子宮頸がん・乳がん検診の無料クーポン券を送付することといたしました。
目的といたしましては、がん検診の受診率が低いことに鑑み、受診率の向上と受診促進を図ることとしております。
概要といたしましては、子宮頸がんの場合、昨年の4月2日から今年4月1日までに20歳、25歳、30歳、35歳、40歳になられた方、また、乳がんの場合は同時期に40歳、45歳、50歳、55歳、60歳になられた方が対象となっており、子宮頸がんの対象者は約5,600人、乳がんの対象者は約6,400人を見込んでおります。
無料クーポン券の発送時期は、8月中旬を予定しておりますが、現在、医師会や検診機関とスムーズな受け入れ態勢など協議し、準備を進めております。
なお、事業費は全額国庫補助により5,100万円程を見込んでおります。

最後に、案件の4「市民参加条例施行記念川柳・短歌・都々逸コンテスト結果の公表について」でございます。
本年4月1日の市民参加条例の施行を記念して実施しておりました、市民参加やまちづくりをイメージする川柳・短歌・都々逸の募集に応じて寄せられた424点の作品について市民投票を行いました。
そこで、これらの作品のうち、市民投票による得票数の多かった作品の中から、今回のテーマのイメージをうまく読み込まれていると思われる作品を選ばせていただきましたので発表させていただきます。
表彰の内容は、川柳の部、短歌の部、都々逸の部、そして小学生の部と4区分とした上で、それぞれ、ご隠居さん賞、分(ぶん)治(じ)さん賞、治(おさむ)くん賞の三賞を選ばせていただきました。
各賞については、これまで自治基本条例や市民参加条例の市民周知事業として広報に掲載し市民におなじみの登場人物の名称を賞とさせていただきました。
各賞の入賞者は、お手元の資料のとおりです。
なお、受賞者の表彰は、8月7日に開催します港祭りの開会式の会場で行う予定です。この事業に作品を応募された方、また、作品の市民投票に参加された市民の方々にお礼を申しますとともに、これからも、ますます市民自治のまちづくりや市民参加事業に参加していただきますよう願っております。

私からは以上でございます。皆さんからのご質問があればお受けいたします。

上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。
記録作成:総合政策部秘書広報課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成21年

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません