ここから本文です。

平成21年10月27日

とき 平成21年10月27日(火)午前10時00分から
場所 第2応接室
出席者
  • 市側:岩倉市長、樋口副市長、中野副市長、苫小牧港管理組合専任副管理者、総合政策部長、スポーツ生涯学習部長、環境衛生部長
  • 記者側:6社10名参加

発表内容

  1. 平成21年度苫小牧市自治貢献者の表彰について
  2. 平成21年度苫小牧市技能功労者の表彰について
  3. 平成21年度苫小牧市文化賞および文化奨励賞の表彰について
  4. ウトナイ小学校留守家庭学級の増設について
  5. エコライフ大作戦~053ステージ2~について

市長説明

本日の記者会見の案件は5件でございます。

はじめに案件1についてでございますが、「平成21年度の苫小牧市自治貢献者」が決定いたしましたので発表をさせていただきます。

この表彰は、苫小牧市表彰条例に基づき、市勢の伸展に寄与した方や市民の模範となる方を表彰し、その功績をたたえるものでございます。
本年度は、市政功労者および郷土貢献者の該当はございませんが、自治貢献者として4名の方を表彰させていただきます。
自治貢献者の方は、消防団員として加納(かのう)孝雄(たかお)さん、氏家(うじいえ)恒司(こうじ)さん、保護司として菅原(すがわら)正良(まさよし)さん、統計調査員として齋藤(さいとう)謙吉(かねよし)さんの4名の方で、いずれも長年に亘り地方自治の振興と発展に尽くされたことによるものでございます。
それぞれの受賞者の功績等につきましては、別紙「資料1」を、ご参照いただきたいと思います。
なお、表彰式は11月2日(月曜日)11時30分からグランドホテルニュー王子で執り行います。

次に案件の2でございますが、「平成21年度の苫小牧市技能功労者」が決定いたしましたので発表をさせていただきます。

この表彰は、苫小牧市における技能者の社会的地位および技能水準の向上を図るため、昭和60年から実施しております。
本年度は次の10名の方を表彰いたします。自動車板金工として阿坐上(あざかみ)憲(のり)春(はる)さん、理容師として今井(いまい)諒(まこと)さん、配管工として蛯名(えびな)毅(たけし)さん、自動車整備工として奥口(おくぐち)学(まなぶ)さん、電気工事士として奥野(おくの)義雄(よしお)さん、左官として末藤(すえとう)義光(よしみつ)さん、建築塗装工として高崎(たかさき)正人(まさと)さん、金属工作機械工として高橋(たかはし)俊夫(としお)さん、板金工として成川(なりかわ)義一(よしかず)さん、造園工として松田(まつだ)敏雄(としお)さんでございます。
それぞれの受賞者の功績内容等につきましては、別紙「資料2」を、ご参照いただきたいと思います。
なお、表彰式は11月11日(水曜日)午後2時からグランドホテルニュー王子において執り行います。

続きまして、案件の3「平成21年度苫小牧市文化賞及び文化奨励賞」でございますが、この案件は教育委員会の所管になりますので、スポーツ生涯学習部長から発表いたします。

スポーツ生涯学習部長

平成21年度の苫小牧市文化賞及び文化奨励賞の受賞者の方々が決定いたしましたので発表いたします。
この賞は、苫小牧市文化賞及び文化奨励賞規則に基づき芸術、文化、教育の分野において、優れた事績を修められ、本市の文化振興に寄与された方々を表彰するものであります。
本年度は、文化賞として1名、文化奨励賞として2名の方が表彰されます。別紙の名簿をご覧いただきたいと思いますが、文化賞として社会教育で功績のあった横山(よこやま)順(じゅん)一郎(いちろう)さん、文化奨励賞として社会教育の分野で功績のあった清水頭(しみずかしら)浩一(こういち)さん、スポーツの分野で功績のあったサカイスポーツ野球部であります。
なお、表彰式の日程につきましては、11月3日火曜日「文化の日」の午前11時30分から市民会館小ホールで執り行います。以上、ご報告申し上げます。

次に案件4「ウトナイ小学校留守家庭学級の増設について」でございます。

人口増加が著しい沼ノ端地区に立地するウトナイ小学校は、拓勇小学校から分離され平成19年4月1日に開校しております。
同時にウトナイ小学校留守家庭児童会おおぞら学級を1年生13人、2年生12人、3年生2人の27人、専任指導員2名体制で開設しました。
しかし、共働き世帯やひとり親世帯の増加のため、平成20年度は3名、21年度は6名の待機児童が出ている状況です。
また、22年度以降は20~30名を超える待機児童が想定されることから、現在1学級で運営している留守家庭児童会の教室を増設することが急務であると考え、今回、再編交付金を利用して新たな施設を建設いたしました。
10月26日に完成しました施設で、待機児童解消のため11月2日(月)から2学級で運営していく予定です。

最後に案件5「エコライフ大作戦~053ステージ2~について」ご説明をさせていただきます。

今年度4月から展開しております、「ecoライフ大作戦~053ステージ2~」で掲げております目標などの進捗状況をご報告いたします。
1人1日10gのごみ排出削減の目標につきましては、9月は前年同月と比べ、47g減少の732gで、当月の目標を大幅に上回ることができ、4月からの累計では、3gの増加となっております。
ちなみに、家庭系ごみの9月の総排出量は、前年と比べ6.1%、249t減少の3,816tとなっております。
市民の皆様には、目標達成に向け、また、限りある天然資源の無駄遣いをなくすためにも、引き続きごみ減量に向けた生活スタイルの見直しや、集団回収の利用、分別の徹底などのご協力をお願いいたします。
続きまして、モニターの皆様による1人1日1.5kgのCO2削減状況についてご報告いたします。
9月の取り組みの結果では、モニター1人1日当たりの平均排出量は4,477gで、前年同月の4,877gと比べ400gの削減となっております。
削減量は、170gから700gと各月ばらつきがございますが、6月から9月までの平均では、433gの削減となっており、キャンペーン目標の約30%の達成となっております。
市民の皆様の取り組みの一つの目安や参考となりますので、モニターの皆様には引き続き省エネに取り組んでいただき、目標に近づけるよう努力をお願いしたいと思います。

私からは以上でございます。皆さんからのご質問があればお受けいたします。

上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。
記録作成:総合政策部秘書広報課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成21年

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません