ここから本文です。

平成21年8月24日

とき 平成21年8月24日(月)午前10時00分から
場所 第2応接室
出席者
  • 市側:岩倉市長、樋口副市長、中野副市長、総合政策部長、財政部長、環境衛生部長、交通部長
  • 記者側:6社7名参加

発表内容

  1. ecoライフ大作戦~053ステージ2~について
  2. 平成21年度まちかどミーティングについて

【市長説明】

本日の記者会見の案件は2件でございます。

はじめに案件1の「ecoライフ大作戦~053ステージ2~について」でございます。

今年度4月から展開しております、「ecoライフ大作戦~053ステージ2~」で掲げている目標などの進捗状況についてご報告をいたします。
まず、家庭系ごみの7月の総排出量は、前年と比べ1.8%、74t減少の4,039tとなっております。
1人1日10gの削減目標については、7月は前年同月と比べ、13g減少の750gで、当月の目標を達成することができました。しかし、4月からの累計では10gの増加となっておりますので、市民の皆様には、今一度、ごみ減量に向けた生活スタイルの見直し、「混ぜればごみ、分ければ資源」、分別の徹底などの協力をお願いいたします。
続きまして、モニターの皆様による1人1日1.5kgのCO2削減の状況についてご報告をいたします。
7月の取り組みの結果では、モニター1人1日当たりの平均CO2排出量は4,183gで、前年同月の4,627gと比べ444gの削減となっております。
前月との比較では、6月の717g削減から、7月は273gの増加となっておりますが、この増加の主な要因は、ガス、水道、車の燃料が、ほぼ前月並みの削減はできたものの、電気使用量が増加したことによるものでございます。
電気使用量の増加は、夏場のため、冷蔵庫、洗濯機などの使用頻度が高くなったことが考えられます。
こうしたCO2の削減状況は、市民の皆様の取り組みの一つの目安や参考となりますので、モニターの皆様には引き続き省エネに取り組んでいただき、目標に近づけるよう努力をお願いしたいと思います。

つづきまして、案件の2「平成21年度まちかどミーティングについて」ご説明をさせていただきます。

まちかどミーティングは、町内会館等へお伺いして地域の皆様と市政の課題や、地域で抱えている問題・要望などについて懇談を行うものでございます。
今年度は、明日、8月25日の音羽町地区から11月24日の樽前地区まで、18回の開催を予定しております。
(※地区では全21地区中18地区、実施率85.7%、町内会では全86町内会中75町内会、実施率87.2%)
市から市民の皆さんへご説明をいたします共通テーマは、「財政健全化」、「市営バス民営化」、「ecoライフ大作戦」の3点でございます。
財政健全化につきましては、市政における最大のテーマと位置づけて取組みを進めているところでございます。
平成20年度決算を元に、各種指標の推移など、健全化計画の進捗状況についてお話をさせていただきます。
市営バス事業につきましては、本市の厳しい財政状況から、今後も支援を続けることは困難であり、将来にわたって市民の足を守っていくために、平成24年度からの民営化実施に向けて取組みを進めているところです。
市営バスの現状、民営化にあたっての市の考え方などについてお話をさせていただきます。
ecoライフ大作戦につきましては、一昨年に実施いたしました「053大作戦」をより広範な環境問題への取組みとして発展させ、「ecoライフ大作戦~053ステージ2~」として実施をするものでございます。
4月19日に行われたキックオフイベントを皮切りに、実施をしております全35事業の概要などについてお話をさせていただきます。

私からは以上でございます。皆さんからのご質問があればお受けいたします。

上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。
記録作成:総合政策部秘書広報課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成21年

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません