ここから本文です。

平成20年5月22日

市長記者会見(平成20年5月22日)

とき 平成20年5月22日(木)午前10時
会場 第2応接室
出席者
  • 市側:岩倉市長、樋口副市長、中野副市長、企画調整部長、スポーツ生涯学習部長
  • 記者側:記者クラブ加入5社9名参加

発表内容

  1. 歩こう!イキイキ健康大作戦について
  2. 子ども宇宙サミットについて

市長説明

本日の記者会見の案件に入る前に、ミャンマーのサイクロン被害、および中国・四川大地震の被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げますとともに、命を失った方々に対し謹んで哀悼の意を表します。

12日に地震がありましたが、13日に国際友好都市であります秦皇島市朱浩文市長に対してお見舞い状を送らさせていただきました。昨日朱浩文市長より返礼がありまして、心づかいへの感謝と同時に心一つにして困難を克服したいとの決意が記されておりました。
今後、被害に遭われた方々の一日も早い救済と地域の復興が進むことを心からお祈りいたします。

本日の記者会見の案件ですが、2件でございます。

はじめに、案件の1「歩こう!イキイキ健康大作戦」について、ポスターとウォーキングマップができあがりましたので、発表させていただきます。

ポスターは、緑の多い都市とまこまい。住宅地のまわりにも、普段気づかなかったウォーキングスポットをたくさん発見できる街。そんな苫小牧をイメージさせるフレッシュグリーンをメインカラーにし、誰にでも愛され、親しまれやすいトーンで構成いたしました。元気に歩く年配の男性を中心に描き、その世代に特にアピールすることで、ウォーキング人口の増加を狙っているものでございます。
上部に、子供や若者、そして家族でペットを連れて散歩する姿などを描き、さまざまな世代がウォーキングをしてみたくなるようなイラストにしております。キャッチコピーは、共に歩き出そうとするような親しみを込めて「さぁ歩きましょう」といたしました。
ウォーキングマップは、市内にあるウォーキングに適したモデルコースを距離付きで紹介しております。表面は、市内全域図と、「お手軽さんぽスポット」5箇所、裏面には、「しっかり歩ける散策コース」を12箇所紹介いたしました。多くの市民が、このマップを見て、ウォーキングを親しむきっかけになっていただきたいと考えております。6月1日号の広報と一緒に全戸に配布いたしますので、是非ご覧いただきたいと思っております。

続きまして、案件の2「子ども宇宙サミット」ですが、いよいよ明日23日より、開催されます。
このサミットは、将来を担う子ども達が宇宙からの目線を持つことで、命の大切さを感じ、平和で豊かな美しい地球を守ることの大切さを知ってもらおうというイベントでございます。ぜひ期間中に多くの市民のみなさんのご参加をいただいて、イベントを盛り上げていきたいと考えております。この「子ども宇宙サミット」ではさまざまなプログラムを用意しておりますが、24日、25日の両日に市民会館をメイン会場に行われます。
海外5カ国を含む国内外の子どもたちによる5分科会形式でのディスカッションにより、地球環境問題の解決や地球の未来に関する色々な問題を議論して、提言書としてまとめてもらうことになっております。このほか期間中は、宇宙・環境教育及び地球観測データ利用分野の第一人者による講演、アマチュア無線やインターネット回線を活用した意見交換、自然環境映画「アース(earth)」及び銀河鉄道999 3Dアニメの上映、宇宙環境を利用した新しい事業や試みの発表、宇宙実験教室やミール(旧ソ連の宇宙ステーション)特別公開などのイベントならびに事業も予定されております。
普段なかなか聞くことが出来ない宇宙についての貴重なお話などもありますので、子ども達はもちろんですが、ご家族や市民のみなさんにも多数のご参加をいただき、宇宙や地球環境について一緒に考えたいと思っております。

私からは以上でございます。皆さんからの質問があればお受けいたします。

上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。
記録作成:企画調整部広報広聴課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成20年

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません