ここから本文です。

平成19年11月30日

副市長記者会見(平成19年11月30日)

とき 平成19年11月30日(月)午後7時25分
会場 副市長応接室
出席者
  • 市側:中野副市長、林総務部参与、環境衛生部長
  • 記者側:記者クラブ加入2社3名参加

発表内容

  1. ごみ収集委託拡大に係る団体交渉の結果について

中野副市長説明

ごみ収集の民間委託拡大に係る団体交渉について、以下のとおり妥結いたしました。
  • 一つ目は、ごみ収集の委託拡大で、平成20年度に4台を民間委託する。
  • 二つ目は、新たな資源物収集を実施する。対象物は廃プラスティックとし、平成20年度は、モデル地区を選定して試験収集を直営で実施する。平成21年度に、全市的に本格実施を予定している。
  • 三つ目は、ふれあい収集については、具体的な検討を行う。対象者、選定基準、申請手続き、収集方法、収集体制等の調査・検討です。
以上の3点です。

上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。
記録作成:企画調整部広報広聴課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成19年

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません