ここから本文です。

令和2年10月19日 市長記者会見

とき 令和2年10月19日(月)午前10時から
場所 第2応接室
出席者

  • 市側:岩倉市長、福原副市長、総合政策部長代理(室長)、健康こども部長、教育部長、産業経済部長
  • 記者側:9社12名参加

発表内容

  1. 令和2年度苫小牧市市政功労者・自治貢献者表彰について
  2. 令和2年度苫小牧市青少年表彰について
  3. 令和2年度苫小牧市技能功労者表彰について
  4. 令和2年度苫小牧市文化賞・文化奨励賞表彰について

市長説明

 本日の記者会見の案件は4件でございますが、案件の前に、私から最近の胆振管内における新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、市民の皆様に対しましてメッセージを発信させていただきます。
 新型コロナウイルス感染症につきましては、9月の連休以降、北海道内で感染拡大が続いており、胆振管内におきましても、連日感染報告がされており、10月8日に市内の事業所で集団感染が確認されたほか、14日には、管内で2例目の集団感染も報告されております。
 市民及び企業市民の皆様には、冷静に状況を受け止めていただき、改めて、「3密の回避」、「マスクの着用」、「手洗い」、「換気」などの基本的な感染予防対策の徹底をお願いいたします。
 また、これらに加えて「職場や家庭内での共用スペースの消毒」を行っていただくとともに、体調が悪い場合には「参加しない」「参加させない」という選択をしていただくよう、強くお願いいたします。
 新型コロナウイルス感染症は誰もが感染するリスクがあります。市民の皆様には、思いやりのある冷静な行動をお願いいたします。
 市といたしましても、引き続き、苫小牧保健所や医師会等と連携して感染拡大防止に努め、市民の健やかな日常が一日も早く取り戻せるよう、全力を尽くしてまいりますので、感染防止に対する市民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
 それでは、本日の案件について、ご説明いたします。
 案件1の「令和2年度苫小牧市市政功労者・自治貢献者」が決定いたしましたので、発表いたします。
 この表彰は、苫小牧市表彰条例に基づき、市勢の伸展に寄与した方や市民の模範となる方を表彰し、その功績をたたえるものでございます。
 本年度は、市政功労者として1名、自治貢献者として13名の方を表彰いたます。
 市政功労者の方は、教育委員会委員として佐藤 郁子(さとう いくこ)さん、
 自治貢献者の方は、民生委員児童委員として多田 正之(ただ まさゆき)さん、小泉 慧子
(こいずみ けいこ)さん、織田 通(おだ とおる)さん、髙橋 裕美(たかはし ひろみ)さん、統計調査員として柚木 正己(ゆずき まさみ)さん、学校医として橋本 洋一(はしもと よういち)さん、学校歯科医として三上 格(みかみ いたる)さん、今井 勝己(いまい かつみ)さん、若菜 和美(わかな かずみ)さん、消防団員として新谷 新一(しんや しんいち)さん、水難救助員として中出 弘幸(なかで ひろゆき)さん、沼端 幸二(ぬまはた こうじ)さん、天満 隆人(てんまん たかと)さん、いずれも長年に亘り地方自治の振興と発展に尽くされたことによるものでございます。
 なお、表彰式は11月2日(月曜日)11時00分からグランドホテルニュー王子において執り行います。
 続いて、案件2の「令和2年度苫小牧市青少年表彰」の受賞者が決定いたしましたので、発表いたします。
 この表彰は、苫小牧市における青少年の誇りを高め、豊かな心を養い、有為な社会人の育成を目的として、昭和47年から実施しており、本年度は次の9名の方を表彰いたします。現場代理人の池端
 昇太(いけはた しょうた)さん、介護職員の遠藤 日向(えんどう ひなた)さん、パネル製作工員の髙杉 峻平(たかすぎ しゅんぺい)さん、生産関係職の谷川 大樹(たにがわ だいき)さん、川沿町町内会推薦の土谷 奈々(つちや なな)さん、植苗町内会連合会推薦の長井 和宏(ながい かずひろ)さん、配管工の細川 憂馬(ほそかわ ゆうま)さん、介護職員の松田 永遠(まつだ とわ)さん、環境安全管理担当職の米田 亮一(よねた りょういち)さんでございます。
 なお、表彰式は、11月19日(木曜日)午前10時30分から、苫小牧市民活動センター1階多目的ホールにおいて執り行います。
 続いて、案件3の「令和2年度苫小牧市技能功労者」が決定いたしましたので、発表いたします。
 この表彰は、苫小牧市における技能者の社会的地位及び技能水準の向上を図るため、昭和60年度から実施しており、本年度は次の6名の方を表彰いたします。
 造園工
 桂田 達也(かつらだ たつや)さん、自動車整備工 工藤 敏彦(くどう としひこ)さん、大工 田中 喜代仁(たなか きよひと)さん、板金工 壬生 義則(みぶ よしのり)さん、配管工 山田 義彦(やまだ よしひこ)さん、電気工事士 山本 雄一(やまもと ゆういち)さんでございます。
 なお、表彰式については11月20日(金曜日)午前11時30分からグランドホテルニュー王子において執り行います。
 次に、案件4の「令和2年度苫小牧市文化賞・文化奨励賞について」でございますが、この案件は、教育委員会の所管となりますので、教育部長から発表いたします。

教育部長説明

 令和2年度の苫小牧市文化賞及び文化奨励賞表彰者の方が決定いたしましたので、発表いたします。
 この賞は、苫小牧市文化賞及び文化奨励賞規則に基づき芸術、文化、教育の分野において、優れた事績を修められ、本市の文化振興に寄与された方々を表彰するものであります。
 本年度は、文化賞は該当なし、文化奨励賞として1名が表彰されます。
 文化奨励賞は、舞踊の分野で功績がありました「坂東 登喜春(ばんどう ときはる)」さん、本名「松﨑 春實(まつざき はるみ)」さんでございます。
 なお、表彰式につきましては、11月3日「文化の日」に予定しておりましたが、受賞者のご意向により、例年実施している表彰式は中止といたします。
 表彰状と記念品につきましては、11月4日に教育長室で授与する予定となっております。以上でございます。 

市長説明

 案件の説明は以上です。皆さんからのご質問があれば、お受けいたします。

 
 上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。 

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません