ここから本文です。

北海道による津波浸水予測図の公表について(平成24年6月29日)

 これまで公表が延期されておりました新たな「津波浸水予測図」が北海道から公表されました。

 今回、北海道が想定した津波は、「発生頻度は極めて低いものの、発生すれば甚大な被害をもたらす最大クラスの津波」です。本市の沿岸部では、8mを超える津波が予想され、市域のかなりの部分につきましても、相当程度浸水する非常に厳しい内容となっています。この結果を受け、市では危機管理室を中心に、早急に市民の皆様の生命を守るための対策を検討、実施してまいります。

 まずは、新たに津波ハザードマップを作成し、年度内には、新しい防災ハンドブックに掲載して全戸配布を行う予定です。また、津波による浸水が予測される地域におきましては、今後順次、町内会等を単位として地域住民の皆様と一緒に「地区別津波避難計画」の策定を進めてまいります。

 市としてこれらの対策を進める中で、市民の皆様には、いろいろとお願いすることが多数ございますが、「何よりも自ら避難すること」、「助け合うこと」を基本とした意識をお持ちいただくことが重要と考えております。

 今後も、17万4千人の市民の皆様の命に関わる重要課題として津波対策に取組み、安全・安心のまちづくりを進めてまいりますので、引き続き、御理解、御協力をお願い申し上げます。
記録作成:総合政策部秘書広報課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

市長コメント

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません