ここから本文です。

現在位置

苫小牧市沼ノ端クリーンセンター建設工事の入札談合に係る損害賠償請求控訴事件の判決について(平成24年3月22日)

 本日、札幌高等裁判所から標記の判決が出されました。

 本件は、市が発注した沼ノ端クリーンセンター建設工事の入札において、談合が行われたとして、平成21年10月1日にJFEエンジニアリング株式会社を被告として、損害賠償請求訴訟を提起し、平成23年9月28日に判決が出ましたが、相手方であるJFEエンジニアリング株式会社が平成23年10月6日に札幌高等裁判所へ控訴状を提出していたものでございます。

 平成24年1月19日に第1回口頭弁論が行われ、終結となり、本日判決が出されたものでございます。
結果は、「控訴棄却」、市の主張が全て認められた判決だと思います。

 公共工事における談合行為は、住民からの大切な税金を無駄に消費することとなる公共の利益に反する社会全体の問題であり、市民の期待を裏切る行為であります。控訴人は、判決を尊重し、損害賠償に応じていただきたいと思います。

 なお、今後につきましては、判決文を読ませていただき、慎重に対応して参りたいと考えております。
記録作成:総合政策部秘書広報課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

市長コメント

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません