ここから本文です。

現在位置

【市長コメント】苫小牧におけるCCS大規模実証プロジェクトにおいて二酸化炭素(CO2)累計圧入量30万トンの達成について(令和元年11月25日)

 本日、経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構、日本CCS調査株式会社から苫小牧でのCCS(二酸化炭素回収・貯留)大規模実証試験において、令和元年11月22日に、当初目標である累計30万トンの二酸化炭素の圧入達成について報道発表がありました。
 地球温暖化対策の重要な技術の一つであるCCSは、海外では欧米諸国を中心に具体的なプロジェクトが進行しておりますが、平成24年度より苫小牧にて日本で初めてとなるCCS大規模実証試験がスタートし、平成28年4月から二酸化炭素の地中への圧入が行われてきました。
 ここまで、順調に事業が進められたのも、事業実施者である経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構、日本CCS調査株式会社をはじめ、地元においては漁業関係者や企業・団体の皆様方など、あらゆる関係者が一丸となり、市民の皆様方の理解のもと、たゆまぬ努力を続けられた結果であると考えており、今回の発表を大変喜んでいるところです。
 日本初のCCS大規模実証試験であり、得られたデータや知見は、今後の日本におけるCCSの展開において、大変重要な役割を果たしていくものと認識しています。
 市としましては、CCS に対する地域の理解や更なる環境意識の醸成とともに、地球環境と地域産業の活性化の両立が可能な低炭素社会の構築に向けて、苫小牧が先導的な役割を担えるよう、引き続き取り組んで参りたいと考えています。

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

市長コメント

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません