ここから本文です。

現在位置

【市長コメント】一般国道36号白老拡幅の新規事業採択時評価手続きについて(平成29年3月16日)

 本日、国において社会資本整備審議会道路分科会事業評価部会が開催され、長年にわたり要望してきた「国道36号白老拡幅」(樽前~社台間、延長4.8km)について、「新規事業化が妥当」との意見をいただき、地元としても大変喜ばしく、関係する皆様のご努力に感謝いたします。

 国道36号の4車線化は、胆振地域にとっての悲願であり、本事業は平成32年開業予定の「民族共生象徴空間」へのアクセス強化をはじめ、さまざまな効果が期待される極めて重要な事業と認識しております。

 引き続き、平成29年度予算に向けた新規事業箇所として採択されることを期待するとともに、市としても、これら国家的プロジェクトと連携を図りながら、地域発展に資する国内外の交流人口の拡大に取り組んでまいります。
 
記録作成:総合政策部秘書広報課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

市長コメント

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません