ここから本文です。

2015年

2015年5月号

とどけます まちのこえ まちのいいとこ

市長コラム5月号写真

 広報とまこまいが、この春から、全体のデザインを一新しリニューアルしました。行政と市民をつなぐ大事な情報ツールとして、一人でも多くの皆さんに手に取って読んでいただけるよう、見やすさ、読みやすさに配慮した紙面構成としました。
 市では、行政における情報発信の重要性を再認識し、多様化するニーズに対応するため、情報発信に関する庁内統一のガイドラインとして「苫小牧市戦略広報指針」を策定しました。職員の意識改革を図り、市民の皆さんをはじめ市内外へ、情報をより分かりやすく伝え、このまちの魅力が広がるように取り組んでいるところです。
 市役所全職員が広報マンとなり「まちのこえ、まちのいいところ」を届けることで、このまちで暮らす人たちが、もっと苫小牧を好きになり、誇りに思えることにつながると考えておりますので、職員一丸となって邁進してまいります。

2015年2月号

まちの未来(あす) のために

成人式

 1月11日に「New Generation〜未来(あす)を切り開く〜」をテーマに開催された成人式に出席し、参加し1,222人の新成人たちに向け、お祝いと激励の言葉を贈りました。
 今年の試みとして、新成人たちが企画してくれたのが、大人としての自覚を養うことを目的とした擬似選挙「苫小牧欲しいモノ選挙」。その中で新成人たちが選んだ、このまちに欲しいモノは「レジャー施設」でした。単に娯楽の場が欲しいという理由だけではなく、若い世代の立場から、このまちの将来を思い、まちの活気と人口減少を危惧しての提言であると受け止めたところです。
 活気みなぎるふくしのまちの実現に向け、27年度は、3期目初のフルスケール予算で市政に臨みます。このまちですでに始まりつつある、少子高齢化時代に備え、彼らのような次の世代のためにも、今から出来ることをしっかりと取り組んでいく必要があります。
 新成人たちが晴れの門出に際し描いた、このまちの未来(あす)の姿を受け止め、彼らがこのまちで働き、家庭を築き、安心して住み続けられるように、20年先を見据えたまちづくりを職員、市民と一緒に一丸となって実践していく決意を新たにしました。

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

市長コラム

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません