ここから本文です。

現在位置

丹羽孝希選手を郷土貢献者として表彰することが決定しました

 卓球男子日本代表として、2016リオデジャネイロオリンピックで個人戦ベスト8を達成。団体戦では世界の強豪を相手に善戦。銀メダル獲得に貢献し、市民に大きな夢と感動を与えたことから、丹羽孝希選手を苫小牧市郷土貢献者として表彰することとなりました。
 なお、表彰式につきましては、決定次第お知らせいたします。
 

平成28年8月24日(水)記者発表

岩倉市長

 平成28年度苫小牧市郷土貢献者の表彰について発表いたします。

 2016リオデジャネイロオリンピックに卓球男子日本代表として出場し、個人戦ベスト8、団体戦銀メダルに輝きました丹羽孝希選手を郷土貢献者として表彰することに決定いたしました。
 丹羽選手は、苫小牧市で生まれ、7歳から卓球を始めておられます。これまで数々のタイトルを獲得されたと同時に、17歳の時には、当時の世界ランキング1位の馬龍(ばりゅう)選手を破り、卓球男子としては最年少、また北海道としては初めて、ロンドンオリンピック代表選手に選出されました。
 この度のリオデジャネイロオリンピックへも2大会連続出場を果たし、世界の強豪を相手に高速カウンターとチキータレシーブを武器に善戦、銀メダル獲得に多大なる貢献をされました。
 丹羽選手の活躍は、我々市民に大きな夢と感動を与えてくれました。表彰式につきましては、丹羽選手とのスケジュール調整中ではございますが、9月20日火曜日~9月24日土曜日の間にて実施する予定です。時間、場所等の詳細が決まり次第、お知らせしたいと思います。
 

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

名誉市民、市政功労者など

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません