ここから本文です。

まちづくりトーク

広く人が集まる施設などで、市民の皆さんと市長が、まちづくりをテーマに意見を交換します。
 

開催状況

平成29年度 ふくしのまちづくりトーク

平成29年度まちづくりトークの写真
 平成30年2月18日(日)に市民会館小ホールで、平成28年度から2年間取り組んできた「ふくし大作戦」ファイナルイベントの中で「ふくしのまちづくりトーク」を行いました。約300人の方々にご参加いただき、北星学園大学の岡田直人教授をコーディネーターにお迎えして、町内会や社会福祉協議会で地域福祉活動を実践される方々と市長とで、地域での福祉活動の実践事例について意見を交換しました。
 地域福祉活動の実践事例として、日新町町内会の井伊千鶴さんから「フィールドサポーター」の取組について、北光町町内会の湯原昭雄さんからは「除雪隊」の取組について、苫小牧市社会福祉協議会の榎本洋江さんからは「安心生活サポート事業」の取組について紹介があり、市長からは、住み慣れたところで安心安全なみんながふれあうコミュニティをつくっていくために、これからも市民の声を一生懸命聞きながらチャレンジしていきたいとお話がありました。
 最後に、参加者から「地域でごみ屋敷化している住居があるがどうしたらよいか」「地域で子供とお年寄りがふれあえる機会をつくりたいが、どうしたらよいか」と質問が上がり、岡田教授からは、ごみ屋敷化した住居の問題については、まず、地域包括支援センター等と連携することと、ごみ屋敷を社会の孤立の象徴として捉えて地域の人たちと一緒にごみを片付けることで再発生を防いでいる大阪府豊中市の事例が紹介されました。また、地域でのふれあいの機会づくりについては、地域での居場所づくりの問題として、活動の受け皿となる人をまず3人集めて地域からやりたいという声を社会福祉協議会等に届けて、関わりあいながら、少しずつ居場所づくりを進めていってもらえたら、と助言がありました。
 
★来場者に回答いただいたアンケート結果はこちら→pdf来場者アンケート結果(207.97 KB)
 

平成28年度 こころふれあうまちづくり~手話言語条例制定に向けて~

平成28年度まちづくりトークの写真
 平成29年2月18日(土)に苫小牧市福祉ふれあいセンターで「聴覚障がい者が安心して暮らせるまちづくり」をテーマに、まちづくりトークを開催し、市民の方々45人にご参加いただきました。市長との意見交換のほか、聴覚に障害を持ちながら暮らすことについて当事者による講話や市の手話言語条例制定に向けての動きの紹介、簡単な手話講座、手話コーラスなどを行いました。
 市長との意見交換では、市が年度内に制定を目指す「手話言語条例」のあり方について意見を交換したほか、参加者から、今後、更に手話を使いやすい環境づくりが推進されるよう「小学校の授業の中で手話を学ぶ機会をつくってほしい」「手話通訳員を増やし、手話登録員の技術を向上するために、研修の場をもっとつくってほしい」といった要請や、「手話を広めることに加えて、聞こえない障害そのものに対する理解を広めることが大事」といった意見などが寄せられました。
 

平成26年度 ~つながる はなやぐ 地域のワ(輪・話・和)!~


 平成27年3月21日(土)にCOCOTOMA(ココトマ)で、地域で和太鼓や獅子舞などで活躍する3団体をお招きし、市長と約50人の一般参加者の方々と一緒にまちづくりについて意見交換を行いました。          
 団体からは、芸能の披露に加えて、芸能の伝統を育てていくために、他の団体と交流する機会を求める声や、芸能を通してまちを元気にしていきたいという意気込みが聞かれました。また、一般参加者からは、まちなかの活性化について多く関心が寄せられる中、まちづくりにボランティアの力を活用する提案や苫小牧の魅力の発信について期待の声が寄せられました。

平成25年度 防災~あなたの家庭の備えは大丈夫?~

25年度のまちづくりトークの様子
 平成25年7月6日(土)に市民活動センター1階多目的ホールで開催し、30人の市民の方々にご参加いただきました。 市の危機管理室職員による講話「地震・津波対策について」の後、市長から参加した方々へ地震・津波をイメージした訓練を行いました。参加者の方々からは各家庭の状況によるご意見や「まず情報を的確に把握しなければ、次の行動に移せないと思う」等のご意見もありました。 また防災グッズの展示や写真展も行いました。

平成24年度 魅力ある地域づくりのために~市と町内会との協働について~

24年度のまちづくりトークの様子
 平成25年3月26日(火)に苫小牧市町内会連合会との共催で、魅力ある地域づくりのために~市と町内会との協働について~を市民会館小ホールで開催し、100人の市民の方々にご参加いただきました。 町内会長による「町内会活動の現状」、講師による「魅力ある地域づくりのための町内会の役割」についてお話をしていただいた後、市長と市民が活発な意見交換を行いました。参加者からは、「町内会役員の負担が大きくて担い手がおらず、負担を減らすにもうまくいかない」「町内会は魅力的な行事を作らないと、若い世代が入るのは難しい」等、様々なご意見がありました。
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

総合政策部協働・男女平等参画室
電話:市民自治担当:0144-32-6156、広聴担当:0144-32-6152、国際交流担当:0144-32-6157、男女平等参画担当:0144-84-4052
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

まちづくりトーク・市長出前講座・市政レポーター

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません