ここから本文です。

ゼブラゾーンについて(令和元年9月9日公開)

受付方法:メール
受付年月日:令和元年9月2日
回答年月日:令和元年9月6日

<意見要旨>
 
青雲町2丁目5番のゼブラゾーンに置かれたクッションドラムにつきまして要望です。ここ何日か前に、赤丸部のクッションドラムが配置されました。この為室蘭方面行の車両が直進できず、右方向に曲がる事になりますが、このカーブが狭い為に、交通事故を誘発させる状況にあります更にこのカーブは、雑草が茂り非常に視界も悪い状態ですのでこの赤丸クッションドラムの撤去・移動をご検討願います。ここのゼブラゾーンは導流帯(車両の安全かつ円滑な走行を誘導する必要がある場所)であるならば、撤去・移動が必要と考えます。

<回答内容>
 日頃より、本市道路事業に対しまして、御理解と御協力を賜り、誠にありがとうございます。
 お問合せいただきました交差点について、御回答させていただきます。
 本交差点につきましては、苫小牧警察署と協議を行い、道流帯をを設けて改良前の鋭角な交差点形状よりも安全な交差点となるよう整備を致しました。また、設置したクッションドラムは、現状で導流帯を走行する車両が多いため、誘導を目的として設置しておりますが、今後導流帯を縮小させる等検討してまいりますので、御理解をお願い致します。


<この件に関するお問合せ先>
都市建設部 道路河川課
電話 :0144-32-6482
FAX :0144-33-0905

※上記の内容はすべて、回答年月日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。詳しくは、担当課までお問合せください。

お問い合わせ

総合政策部協働・男女平等参画室
電話:市民自治担当:0144-32-6156、広聴担当:0144-32-6152、国際交流担当:0144-32-6157、男女平等参画担当:0144-84-4052
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

令和元年度

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません