ここから本文です。

中央図書館について(平成31年4月17日公開)

受付方法:ホームページ問合せ
受付年月日:平成31年4月 9日
回答年月日:平成31年4月15日

<意見要旨>
 
中央図書館を最近利用するようになりましたが、本を借りる際の受付の並び方の説明書きがわかりづらいです。本を返すところと書いてある場所があるのに全ての窓口で受け付けていたり、初めて来た人間には優しくないと思います。
 もう一つ、図書館で謝罪されたことが2回あるのですが、こちらは全然不快な思いなどしておらず、むしろこちらが不手際をしてしまった様な場合でも必要以上に頭を下げられるとすごく恐縮です。たくさんの方が何があったのかとこちらを見ていますし、もうすこし普通に接してほしいです。


<回答内容>
 
図書館をご利用いただき、ありがとうございます。
 カウンターの受付がわかりにくかったという事でご不便をおかけし、申し訳ありません。
 並び方の説明書きについては、もう少し分かりやすくするよう検討いたします。
 また「かえすところ」という案内プレートは、運用変更後、訂正されず誤って出しておりました。こちらは「かえすところ」という表記を削除しました。今後このような案内がないよう、気をつけてまいります。
 また接遇につきましても、申し訳ございませんでした。丁寧な対応をしなくてはという気持ちが、そのような対応になってしまったのだと想像しますが、過度な対応も居心地が悪いと思います。接遇についてはその場その場にあった対応をしていくよう指導してまいります。
 今後も図書館をご利用ください。お待ちしております。


<この件に関するお問合せ先>
教育部 中央図書館
電話 :0144-35-0511
FAX :0144-35-0519

※上記の内容はすべて、回答年月日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。詳しくは、担当課までお問合せください。

お問い合わせ

総合政策部協働・男女平等参画室
電話:市民自治担当:0144-32-6156、広聴担当:0144-32-6152、国際交流担当:0144-32-6157、男女平等参画担当:0144-84-4052
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

令和元年度

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません