ここから本文です。

市役所の身障者用トイレの使用について(平成30年10月1日公開)

受付年月日:平成30年9月27日
回答年月日:平成30年10月1日


<意見要旨>
 
市政についてではないのですが、あまりに長期にわたる事でしたので、改めていただきたくペンをとりました。1階の福祉課前の身障者用トイレで時々同じ市職員の使用があり、気になっていました。腰痛があるとか、人工肛門の為に使用しているのなら全く問題はないのですが、眼鏡を洗ったり、身だしなみを整えるために使用している姿を今朝見ました。今までも同じ人が身障者用トイレに入っていくのを見かけていたのですが、何か理由があって利用しているのかと思い黙っていましたが、違っていたようです。小さい子供を連れている人や、車イスの人が待っている姿を見かけた事もあり、このような事が続けられるのは、改めていただきたいと思います。2~3ヶ月の事ではありませんので、厳しく職員として、人として思いやりのある行動をお願いいたします。

<回答内容>
 
この度は、貴重なご意見をいただきありがとうございました。
市役所1階の多目的トイレにつきましては、適切な利用に努めるよう関係部署に指導し、壁面に注意喚起の貼り紙も掲示したところです。
 今後におきましても、公務員として常識を踏まえるとともに、市民から信頼を得られる対応を行うよう指導してまいります。


<この件に関するお問合せ先>
総務部 行政監理室
電話 :0144-32-6159
FAX :0144-32-2198

※上記の内容はすべて、回答年月日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。詳しくは、担当課までお問合せください。

お問い合わせ

総合政策部協働・男女平等参画室
電話:市民自治担当:0144-32-6156、広聴担当:0144-32-6152、国際交流担当:0144-32-6157、男女平等参画担当:0144-84-4052
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成30年度(とま★ボ)

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません