ここから本文です。

勉強できる場所を増やしてほしい(平成30年4月3日公開)

受付年月日:平成30年3月15日
回答年月日:平成30年4月2日

<意見要旨>
 最近図書館などを利用して勉強をするのですが、場所がなく困っています。図書館はたくさんの学生が勉強しており、図書館に来ても場所がなく帰ってしまう学生も多く見受けられます。せっかく
勉強しようとしている若い人が勉強できないというのは大変もったいないと感じます。また、社会に出てから勉強する者にも、勉強する場所をもっと増やしていただけないかと思います。夜も遅くまで勉強できると助かります。
学校などの空き教室を利用して開放していただくのも手かと思います。

<回答内容>
 
平素より中央図書館を御利用いただき、ありがとうございます。
 図書館にて自学自習をしたいという御要望を受けまして、自習可能席の拡大を行います。
 情報サロンの一部の席を持込パソコンと兼用、また自習室隣の研修室の利用予定のない日を、日を定めて自習席として開放します。詳細につきましては中央図書館へお気軽にお問合せください。
 御利用お待ちしております。

≪詳細≫
※情報サロンの御利用は利用カードまたは本人確認証の御提示が必要となります。また、利用時間は1時間単位となり、他に利用希望がなければ延長可能です。開館時間内(9:30~20:00)の御利用が可能です。
※研修室の開放は保安の観点から、開館~17:00までとさせていただきます。

中央図書館
電話 :0144-35-0511
FAX :0144-35-0519



 学校の余裕教室(空き教室)の開放及び利用については、施設管理面などから難しいものと考えておりますので御理解ください。

教育部 総務企画課
電話 :0144-32-6739
FAX :0144-32-1201


※上記の内容はすべて、回答年月日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。詳しくは、担当課までお問合せください。

お問い合わせ

総合政策部協働・男女平等参画室
電話:市民自治担当:0144-32-6156、広聴担当:0144-32-6152、国際交流担当:0144-32-6157、男女平等参画担当:0144-84-4052
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成29年度(とま★ボ)

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません