ここから本文です。

夜間・休日急病センターの医師の対応について(平成29年10月11日公開)

受付年月日:平成29年10月4日
回答年月日:平成29年10月11日

<意見要旨>
 平成29年10月4日、家族の者が体調を崩し夜間・休日急病センターにて診察を受けた。そのときに、診察室に同行した家族の者に対し、医師から「診察室から出て行け。」との言葉を発せられた。この不適切な発言に対し、医師への処分を要請する。
 なお、同日夜間・休日急病センターの看護師に電話にて事実確認を行っており、「私も診察室で聞いておりました。」との確認が取れている。

<回答内容>
 
この度は夜間・休日急病センターに対する御意見を頂きありがとうございます。
 診察における付添いにつきましては、一般的には付添いの必要な小さなお子様や、要介助者を除き、家族の方であっても診察室の外でお待ちいただいております。
 退席の説明については、急病時の患者様や御家族の心理に配慮した対応が必要と思われますので、十分な説明に努めるよう運営者側に伝えさせていただきました。

<この件に関するお問合せ先>
健康こども部 健康支援課
電話 :0144-32-6407
FAX :0144-32-4322

※上記の内容はすべて、回答年月日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。詳しくは、担当課までお問合せください。

お問い合わせ

総合政策部協働・男女平等参画室
電話:市民自治担当:0144-32-6156、広聴担当:0144-32-6152、国際交流担当:0144-32-6157、男女平等参画担当:0144-84-4052
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成29年度(とま★ボ)

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません