ここから本文です。

乳幼児等医療費助成制度について(平成28年4月22日公開)

受付年月日:平成28年4月13日
回答年月日:平成28年4月20日
<意見要旨>
 埼玉県富士見市では中学校卒業まで負担していて、子供のいる家庭はとても助かり住みやすい街だった。中学生は部活動などで怪我をする機会が多くなるため、苫小牧でも中学校卒業までの医療費助成制度を検討してほしい。

<回答内容>

 本市では子育てに関しまして多くのご要望がありますことから、子育てと仕事の両立、子ども・子育て支援事業に基づいた保育環境の整備や子育てしやすい環境づくりに関連した事業展開を図っているところですが、ご意見のありました、お子さまに対する医療費助成の拡大につきましても、別途、事業展開を検討していきたいと考えております。
 ただ、本市における課題や優先順位を考慮しながら順次取組をしていくことになりますので、この医療費助成の拡大につきましては検討結果がでるまで今しばらく時間が掛かりますことをご理解いただきたくお願い申し上げます。

<この件に関するお問合せ先>
健康こども部 こども支援課
電話 : 0144-32-6416
FAX : 0144-32-5578

 学校の部活などでの怪我につきましては、苫小牧市内全小中学校の児童生徒に対し、独立行政法人日本スポーツ振興センターが運営する「災害共済給付制度」が適用されます。
 そのため、学校管理下における災害により医療機関を受診された場合は、同制度から給付金が支払われます。
 万が一、学校管理下で怪我をされた場合は、直接、在籍校へ申し出ていただきますようお願いいたします。

<この件に関するお問合せ先>
教育部  学校教育課
電話:0144-32-6742
FAX:0144-32-1201

※上記の内容はすべて、回答年月日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。詳しくは、担当課までお問合せください。

お問い合わせ

総合政策部政策推進室市民自治推進課
電話:市民自治担当:0144-32-6156、国際交流担当:0144-32-6157、広聴担当:0144-32-6152
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

【とま★ボ】平成28年度

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません