ここから本文です。

再編交付金

再編交付金とは

 平成18年5月1日に日米の間で合意された再編実施のための日米ロードマップにより、在日米軍の再編による負担が増加する自治体を対象に交付されるようになりました。
 これは、「駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法」によって定められており、10年間の時限立法(平成29年3月31日まで)となっています。
 公共用の施設整備だけでなく、住民生活の利便性の向上や産業振興に寄与する事業(いわゆるソフト事業)に使用できる交付金で、苫小牧市は平成19年度より対象自治体として交付を受け、次のような事業を行っています。
 

 これまでの交付金事業実績

再編交付金事業基金について

  再編交付金を活用して行う2年度以上にわたり継続する事業のうち、次の2事業に要する経費の財源に充てるため、苫小牧市再編交付金事業基金を設置しています。
 

(1)植苗・美沢地区コミュニティバス運行事業

pdf・基金全体計画書(平成27年5月15日 交付申請時)(47.35 KB)
 

(2)任意予防接種助成事業

pdf・基金全体計画書(平成27年2月23日 計画変更承認申請時)(33.06 KB)

 

北海道防衛局へのリンク

防衛施設周辺対策について
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

総合政策部まちづくり推進室空港政策課
電話:0144-32-6083
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

米軍再編訓練移転関係

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません