ここから本文です。

消費者被害防止出前講座実施要領

消費者トラブルに巻き込まれない賢い消費者を育成するため、消費生活相談員が出向いて講座を行います。

内容

 1.学生・OL・若者を誘う相談事例
   (キャッチセールス、マルチ商法、エステサロン・語学教室トラブルなど)

 2.家庭の主婦、高齢者が騙される巧妙なテクニック事例
   (訪問販売、電話勧誘販売、送りつけ商法など)

 3.サラリーマンの欲望や弱みにつけ込む手口の事例
   (サイドビジネス商法、利殖商法など)

 4.インターネット犯罪の手口の事例
   (ワンクリック詐欺、出会い系サイト詐欺、ネット通販詐欺など)

 5.クレジットの基礎知識と多重債務問題
   (時効の援用、過払い金請求、債務整理など)

 6.その他
   (アパートの原状回復、還付金詐欺・オレオレ詐欺などの振り込め詐欺など)

 

対象

  • 市内の小学生(高学年)・中学生とその父母・教師
  • 高校生・大学生と教師
  • 町内会・老人会・婦人会・職場などのグループ 

日時

30分~1時間程度。
実施日時は原則として市役所の開庁時間内ですが、特別のご要望があればご相談ください。
なお、業務等の関係上ご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承願います。
 

申込み方法

消費者センター(電話 0144-33-6510)に電話、あるいは直接センターにお越しいただいてお申込みください。

その他

無料で行いますが、実施場所はグループなどの方で準備してください。
 

お問い合わせ

市民生活部安全安心生活課
電話:防犯・交通安全担当:0144-32-6287、消費生活係:0144-32-6304、消費者センター:0144-33-6510、計量検査所:0144-32-6306
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

苫小牧市消費者センター

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません