ここから本文です。

現在位置

パスポートへのローマ字による氏名の記載

  • パスポートへの氏名の記載は、ローマ字によって行われています。通常この場合には、ヘボン式という綴り方を用います。外務省では、その氏名の表音が国際的に最も広く通用する英語を母国語とする人々が発音するときに最も日本語の発音に近い表記であるべきとの観点から、従来ヘボン式を採用しています。
  • ヘボン式の綴り方
  • 外国姓の方などで非ヘボン式ローマ字表記または別名併記を希望される方は、綴り方の確認のための疎明資料が必要となりますので、事前にご相談ください。
  • 平成12年4月1日から、氏名にオオ音(大野など)またはオウ音(佐藤など)が含まれる方は、「O」の後ろにHを挿入した表記も出来ます。(希望者のみ)
    なお、一度どちらかを選択すると、原則変更できませんのでご注意ください。
    ※旅券と航空券等の氏名の綴りが1文字でも異なっていると航空機等への搭乗が認められないので、ヘボン式によらないローマ字氏名表記を申し出る際には十分ご注意ください。また、姓をヘボン式によらないローマ字で表記する場合には、ご家族で綴りが異なることがないよう、あらかじめご確認の上、申し出てください。

お問い合わせ

総合政策部政策推進室市民自治推進課
電話:市民自治担当:0144-32-6156、国際交流担当:0144-32-6157、広聴担当:0144-32-6152
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

パスポート申請

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません