ここから本文です。

事業者の皆さまへ

 民間事業者の対応について

  • 社会保険の手続や源泉徴収票の作成などにおいて、従業員などからマイナンバーの提示を受け、書類などに記載する必要があります。  
 ■詳しくはこちら
  事業者の方へ(外部リンク:内閣府)
 

マイナンバーの取り扱いについて

  • マイナンバーの利用、提供、収集及び保管は、法律に規定された社会保障、税、災害対策に関する事務を行う場合に限定されています。
  • 事業者は収集及び保管するマイナンバーの漏えい、滅失又は毀損の防止その他の適切な管理のために、従業者を監督し、適切な安全管理措置を講じる必要があります。

 ■詳しくはこちら
  特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン
  (外部リンク:個人情報保護委員会)
  社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野)~事業主の皆様へ
  (外部リンク:厚生労働省)

 法人番号について

  • マイナンバー制度の導入に併せて、企業等の法人には国税庁長官から法人番号(13桁)が付番され、平成27年10月から通知書が送付されました。
  • 個人番号と異なり、官民問わずさまざまな用途で利用できます。
  • 1法人に対し1番号のみ付番され、法人の支店や事業所には付番されません。また、個人事業主にも付番されません。
 ■詳しくはこちら
  法人番号について(外部リンク:国税庁)
  法人番号公表サイト(外部リンク:国税庁)

 ■苫小牧市役所の法人番号は「1000020012131」となります。

お問い合わせ

総務部マイナンバー主幹
電話:0144-32-6492
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません