ここから本文です。

住民基本台帳ネットワークについて

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)とは

平成14年8月5日から稼働している、全国の市町村と都道府県、全国センターのコンピュータを専用回線で結び全国共通で本人確認を可能にするシステムです。
このため、すべての住民票に重複しないように無作為に抽出された11桁の番号(住民票コード)が付きました。保存される情報は、氏名、生年月日、性別、住所、住民票コードとこれらの変更情報のみで、税金や個人の健康状態などの個人情報は一切ありません。

住基ネットで変わったこと

国の行政機関への申請・届出を行う際に、住民票の写しを提出しなくてもよくなったり、年金受給者の現況届が随時いらなくなるなど、手続きが簡素化されています。

住民票コードについて

住民票コードは、国や道への申請・届出の際に必要となる場合がありますので、住民票コード通知書は保管してください。(住民票の写しや印鑑証明書の交付申請などには住民票コードは必要ありません)

住民票コードの通知書を無くしてしまったら

電話や口頭で住民票コードをお答えすることはできません。住民票コード通知書は再交付できます。
また、住民票コードを記載した住民票の写しを申請しても確認することができます。
なお、住民票コードは住所・氏名に変更があっても変わりません。

個人情報保護対策について

住基ネットは市民の皆様の大切な個人情報を取り扱うことから、次のような対策を講じています。
  1. 法律により、住基ネットで保存する情報の提出先・利用目的を具体的に限定し、目的外利用は一切禁止
  2. 情報管理のための本市独自の要綱を策定
  3. 関係職員や委託業者に対し、「秘密保持」の義務付け(秘密を漏らした場合は重い罰則が科せられます)
  4. 民間部門での住民票コードの使用禁止
  5. インターネット回線ではない安全性の高い専用回線でネットワークを構築
  6. 文字などの通信データの暗号化操作する者をICカード、パスワードにより厳格に管理
  7. 操作記録の保存

関係機関へのリンク

住民基本台帳ネットワークシステム(総務省のホームページ)

お問い合わせ

市民生活部住民課
電話:住民係:0144-32-6294、住民記録係:0144-32-6297、戸籍管理係:0144-32-6299
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

住民基本台帳ネットワーク

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません