ここから本文です。

Q&Aコーナー

Q&Aコーナー


ごみ分別についてのQ&Aは下の『ごみ分別Q&A』から移動することが出来ます。

ごみ分別Q&A ← こちらをクリックしてください。

このページでは、焼却施設および破砕施設に関する質問および回答を掲載しています。
下の質問をクリックしていただくと回答に移動することが出来ます。
 

Q&A 質問

焼却施設

破砕施設

Q&A 回答

焼却施設

Q: 焼却炉とは何ですか?

A: 燃やせるごみを燃やしている機械です。とても大きなストーブのような機械です。
 



Q: 1日でどのくらいごみを処理できるのですか?

A: 沼ノ端クリーンセンターには、1日に105トンのごみを燃やすことができる焼却炉が2炉あります。 最大で210トンのごみを処理することができます。糸井清掃センターには200トンの焼却炉が1炉あります。
 

Q: なぜごみを燃やすのですか?

A: ごみを燃やして灰にすることによって大きさが小さくなります。大きいまま埋めると埋立処分場がすぐに一杯になってしまいます。また燃やすことによって臭いやバイ菌がなくなります。
 

Q: ごみはどのくらいの温度で燃やしているのですか?

A: 約800~950度です。
 

Q: 1日にどのくらいのごみが運ばれてきますか?

A: 沼ノ端クリーンセンターでは燃やせるごみが約100トン、燃やせないごみが約7トン、資源物が約10トン、大型ごみが約3トン運ばれてきます。糸井清掃センターには燃やせるごみが約30トン運ばれてきます。
 

Q: 焼却施設は1日何時間動いているのですか?

A: 24時間休まず動いています。
 

Q: ごみクレーンはどのくらいのごみをつかめるのですか?

A: 約1トンのごみをつかむことができます。
 

Q: 燃やしたあとの灰はどうするのですか?

A: 沼ノ端埋立処分場へ運び、その上に土をかぶせます。平成27年度から一部セメント化をしています。
 

Q: ごみを燃やすと有害なガスは出るのですか?

A: 焼却炉から出た排ガスは、ろ過式集じん器にて消石灰・活性炭を吹き込んで有害成分を除去します。また、ガス成分を常時監視して有害ガスが出ないようにしています。煙突から出ている白い煙は、ごみに含まれる水分が水蒸気となって見えています。
 

Q: ごみを燃やしてどのように電気を作っているのですか?

A: ごみを燃やした熱で蒸気を作ります。その蒸気でタービンという風車のような機械を回して発電機を動かし電気を作ります。作られた電気は施設を動かすために使われます。また、余った電気は売っています。
 


Q: ごみは燃料を使って燃やしているのですか?
 

A: 沼ノ端クリーンセンター及び糸井清掃センターは、焼却炉が停止している状態(常温)から燃料を使用して焼却炉の温度を600度くらいまで上げてごみを入れます。沼ノ端クリーンセンターでは灯油、糸井清掃センターでは重油を使用しています。

   

破砕施設


Q: 破砕施設とは何ですか?

A: 燃やせないごみや大型ごみを小さくして、破片を分別して処理する施設です。
 

Q: 1日でどのくらいごみを処理するのですか?

A: 5時間で75トンです。
 

Q: どのようにごみを小さくするのですか?

A: 破砕機という機械でごみを小さくします。大きなハサミや大きな金づちのような機械でごみを切ったり叩いたりして小さくします。
 

Q: なぜ小さくするのですか?

A: 鉄、アルミ、可燃ごみ等を分別しやすくするためと、埋立処分場を長く使えるようにするためです。
 

Q: 分別された鉄、アルミはどうするのですか?

A: 運びやすいように四角に圧縮します。その後回収業者へ引き取られ、新しい鉄・アルミ製品へリサイクルされます。
 

Q: 鉄・アルミはどのくらいリサイクルされているのですか?

A: 平成26年度は鉄468トン、アルミは42トンをリサイクルしました。
 

  
 

お問い合わせ

環境衛生部ゼロごみ推進室施設管理課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-55-2536
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

施設での取組み

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません