ここから本文です。

現在位置

平成30年10月1日よりごみ排出ルール変更に伴う注意点

「缶」と「びん」の袋は分けて出しましょう!!

 「缶」「びん」はそれぞれ別の袋に入れて出してください。 
  ※缶とびんが同じ袋に入っていると、収集の際に割れたびんが缶に入り込むと、リサ
   イクルされずに「燃やせないごみ」となってしまうケースがあります。     

 

スプレー缶等の出し方

 ① 使い終わったスプレー缶は穴をあけずに「透明・半透明の袋」に入れて出してくださ  
   い。
 
 ② 中身が使い切れない場合は、そのまま「透明・半透明の袋」に入れて出してくださ 
   い。

 ③ 「燃やせるごみの日」週2回に出してください。

 

電池の出し方

 ① 他のものと混ぜないで「透明・半透明の袋」で出してください。
 
 ② 「燃やせるごみの日」週2回に出してください。
 

おむつの出し方

 ① 「燃やせるごみの日」週2回に出してください。
      
 ② 「透明・半透明の袋」に入れて出してください。
        
 ③ 袋については、おおむね「45ℓ以内、重さ10kg以内」にしてください。

 ④ 汚物を取り除いて出してください。

 
 
 

お問い合わせ

環境衛生部ゼロごみ推進室ゼロごみ推進課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-55-4077
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません