ここから本文です。

ごみ減量とリサイクル推進に対する基本的な考え方

 ごみの適正処理と資源循環型社会を実現することにより、苫小牧の豊かな自然に恵まれた良好な環境を未来に引き継いでいくため、「自然と環境にやさしいまち」を目指します

基本目標と数値目標

 ごみを適正かつ衛生的に処理するだけでなく、資源循環型社会への対応を見据え、施設の整備に努めると共に、収集・運搬の効率化を進めます

家庭ごみ減量と資源化促進に向けて

 審議会での審議を尊重すべきとの立場から、基本的に本答申内容に沿った形で、家庭ごみ有料化の実施計画を策定していきます。また、ごみ処理手数料の負担軽減にもつながる以下の資源化施策なども併せて検討していきます。
  • 紙類資源化の実施
  • 集団回収事業の拡充
  • 生ごみ減量化の推進
  • 市民啓発の実施

事業系ごみ減量と指導強化に向けて

 事業系ごみは自己責任による処理が原則です。家庭ごみの有料化を行った場合に、家庭ごみの処理に対する市民負担とのバランスを考慮すると、現行より処理手数料の引き上げが必要と考えます。また、分別排出や適正処理の徹底を図るため、事業者向けのパンフレットによる周知の強化を図っていきます

参考資料


 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部ゼロごみ推進室ゼロごみ推進課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-55-4077
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

053大作戦・計画・施設運転実績データなど

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません