ここから本文です。

令和元年度苫小牧市総合防災訓練を実施しました

令和元年度苫小牧市総合防災訓練を実施しました

苫小牧市では、近年頻発する大規模自然災害への備えと啓発のため、総合防災訓練を隔年で実施しています。今年度は、昨年の北海道胆振東部地震発生を踏まえ、最大震度6強の直下型地震を想定した訓練を9月1日に実施しました。

訓練実施日:令和元年9月1日(日)10:00~15:00
実施場所 :苫小牧市役所、苫小牧東小学校、出光カルチャーパーク
訓練内容 :市職員、防災関係機関、企業、自主防災組織、地域住民等と連携し、
      情報発信・職員参集訓練、災害対策本部設置運営訓練、住民の避難訓練、
      避難所開設運営訓練、救助救出訓練など総合的な訓練を実施
訓練参加者:約400人
      (1)苫小牧市災害対策本部 約150人
      (2)関係機関(18機関) 約100人
         苫小牧市海上保安署、室蘭地方気象台、陸上自衛隊第7師団第73戦車
         連隊、自衛隊札幌地方協力本部苫小牧出張所、胆振総合振興局苫小牧地
         域保健室、苫小牧警察署、苫小牧市消防団、北海道電力㈱送配電カンパ
         ニー苫小牧支店、苫小牧市社会福祉協議会、平等社会を推進するネット
         ワーク苫小牧、東日本電信電話㈱北海道南支店苫小牧営業支店、㈱ドコ
         モCS北海道苫小牧支店、トヨタカローラ苫小牧㈱、ネッツトヨタ苫小牧
         ㈱、南北海道三菱自動車販売㈱、マックスバリュ北海道㈱、苫小牧重機
         土木協同組合、苫小牧市自主防災組織連合会
      (3)苫小牧東小学校区町内会(7町内会) 約120人
         旭町町内会、一区町内会、大町寿町内会、栄町町内会、汐見町町内会、
         高砂町町内会、二区町内会
      (4)見学者(3会場) 約30人
 

訓練の様子

(1)災害対策本部設置・運営訓練(場所:苫小牧市役所2階防災フロア)
 正副市長、消防長、災害対策本部各部長による災害対策本部会議を開催し、発災直後から1週間までの対応について、陸上自衛隊や苫小牧警察等の関係機関を交えて協議・検討を実施しました。


(2)情報発信・職員参集訓練(場所:苫小牧市役所2階防災フロア)
 訓練当日午前10時に、防災行政無線や携帯電話・スマートフォンの緊急速報メール等により、地震発生に伴う緊急情報の訓練発信を行いました。また、災害対策本部各部班長以上の職員を対象に、一定の条件下で自宅から市役所に参集する訓練を実施しました。
(3)避難所開設・運営訓練(場所:苫小牧東小学校)
 苫小牧東小学校校区の住民約120人に御協力いただき、午前10時の緊急情報を契機とする住民避難訓練を実施した。また、避難所運営を体験するゲームや陸上自衛隊による昼食の炊出し、災害時応援協定締結企業による展示や車両給電設備の紹介等を行った。




(4)受援力向上訓練(場所:出光カルチャーパーク)
 地震に伴う土砂災害が発生したことを想定し、災害時応援協定団体による瓦礫等の撤去訓練や苫小牧市消防署及び消防団による被災者の救出訓練を実施しました。




 

お問い合わせ

市民生活部危機管理室
電話:0144-32-6280
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

トピックス

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません