ここから本文です。

津波に注意

気象庁では、地震発生時、沿岸で予想される津波の高さを求め、地震発生後およそ3分以内を目標に大津波警報、津波警報または津波注意報を津波予報区単位で発表しますが、それよりも早く津波が来襲することがあります。
苫小牧市の津波予報区は、北海道太平洋沿岸西部になっていますので、次のことに注意してください。
津波警報が発令された場合は、高い所へすぐ避難しましょう。

津波の種類と津波予報区

種類 発表基準 発表される津波の高さ
数値での発表
(津波の高さの予想の区分)
巨大地震の場合の発表
大津波
警報
予想される津波の高さが高いところで3mを超える場合
10m超
(10m<予想高さ)
巨大
10m
(5m<予想高さ≦10m)
5m
(3m<予想高さ≦5m)
津波
警報
予想される津波の高さが高いところで1mを超え、3m以下の場合
3m
(1m<予想高さ≦3m)
高い
津波
注意報
予想される津波の高さが高いところで0.2m以上、1m以下の場合であって、津波による災害のおそれがある場合
1m
(0.2m≦予想高さ≦1m)
(表記されない)
津波予報区図

津波のこんなところに注意しよう

津波のこんなところに注意しよう
津波は弱い地震でも襲ってくる。
強い地震はもちろん、弱い揺れでも長い時間揺れたときなどは、津波が襲ってくる可能性が十分あります。 津波2
津波の速さは、100m10秒!
海岸付近では遅くなりますが、それでも秒速10m程度の速さなので、波が見えてからでは逃げられません。 津波3
津波の高さは想像を超える!
海岸での津波の高さが1mでも、海岸の地形などによっては、10倍程度の高さになり大きな被害を出します。 津波4
津波は繰り返し襲ってくる!
津波は、2回、3回と繰り返し襲ってきます。1回目で安心せず、注意報・警報が解除されるまで海岸に近づかないこと。 津波5
引き潮がなくても津波は襲ってくる!
津波の前に必ず引き潮があるとは限りません。 津波6

お問い合わせ

市民生活部危機管理室
電話:0144-32-6280
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

津波

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません