ここから本文です。

最低3日分の備蓄をしよう

阪神・淡路大震災では、水道・ガスなどのライフラインの途絶により、生活に支障が出ました。
家庭内に水、食糧、燃料など最低3日分の備蓄をしましょう。
また、災害復旧までの数日間を自足できるよう、家庭内で準備しておきましょう。

備蓄は最低3日分

備蓄品
チェック   注意事項
飲料水  飲料水を用意する
  • 最低一人1日3リットル
  • 保存はポリタンクが便利
おにぎり  食糧品を用意する
  • 米、もちなど主食を用意
  • 副食として、缶詰、レトルト食品などを用意し、
    お年寄りや病人、乳幼児のための食品も用意しましょう 
やかん  生活用水を用意する
  • ふだんから浴槽ややかんに汲み置きしておくと、いざと
    いうとき役に立ちます
卓上コンロ  燃料を用意する
  • 卓上用コンロ(予備のボンベ)
  • 固形燃料
懐中電灯  照明器具を用意する
  • 懐中電灯(予備の電池)
  • ろうそく
携帯ラジオ  携帯ラジオを用意する
  • 携帯ラジオ(予備の電池)
のこぎり等  工具を用意する
  • のこぎり、バール、ロープなど人命救助、倒壊家屋や
    家具の除去に役立ちます
リュックサック  非常品持ち出しを用意する
  • 家庭内備蓄品のうち、持ち出せる範囲で一人分ずつ
    リュックサックにまとめて、非常用持ち出し袋を用意し
    ましょう

お問い合わせ

市民生活部危機管理室
電話:0144-32-6280
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

日ごろの備え

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません