ここから本文です。

火山活動の前兆

噴火の前には、火山性地震の増大が想定されます。
ただし、この段階では体感はできず、地震計で観測されるだけです(有感地震は次の段階とする)。
火山性地震は、この段階では、噴火につながる現象かどうかわからないので、気象台の観測情報や予測などの情報を収集し、今後の推移を見守ることを基本とします。

こんな異常を見つけたら

異常発見
地形の変化
  • 土地の隆起・沈降
  • 地割れや山崩れ
地形の変化 噴気の変化
  • 新しい噴気や噴煙
  • 噴気量や色の変化
  • 噴気口の拡大
  • 臭いの変化
噴気の変化
湖・川の変化
  • 変色・濁り
  • 水温の上昇
  • 大量の水泡
  • 臭いの変化
  • 魚介類の死滅
湖・川の変化 地震の頻発
  • 鳴動・地鳴り


地震の頻発
湧水の変化
  • 量や濁りの変化
  • 新しい湧水
  • 温度の変化
  • 臭いの変化
湧水の変化

異常現象発生期の期間

異常現象の発生から、噴火の発生が予想された直前(噴火が発生したとき)、あるいは噴火せずに異常現象が継続し終息するまでの期間。

お問い合わせ

市民生活部危機管理室
電話:0144-32-6280
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

火山

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません