ここから本文です。

現在位置

北海道リサイクリング(有)カレット事業所

企業情報

  • 所在地
    〒059-1372 北海道苫小牧市字勇払145番地210
  • 電話 0144-52-2660
  • FAX 0144-52-2661
  • E-mail h.r.cullet-2660@soleil.ocn.ne.jp
  • (本社) 
    〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東19丁目4

沿革

  • 創業年月 平成6年6月
  • 苫小牧における開設 平成15年10

資本金

  • 3百万円

従業員数

  • 社員18人(うち苫小牧 14人)

他の事業所・工場・研究所等

樹脂事業部(札幌市、本社兼)

自社のPR

当社は廃ガラスびん(空びん)の再生利用の目的でカレット製造をしております。最終処分場の延命、資源の有効再利用の為、主にガラスびんの原料用として使用します。市町村系、ボトラー系、事業系等々多くの回収先があります。

事業免許

  • 一般廃棄物処理施設設置許可
    • 胆環生第3186号
    • 胆環生第3186号-2号
  • 建築基準法第51条ただし書きの規定許可第許16号
  • 廃棄物再生事業者登録第84号

加入団体・組合等の名称

  • 日本びんカレットリサイクル協会
  • ガラスびん3R促進協議会
  • 札幌市資源リサイクル事業協同組合
  • 循環(くるくる)ネットワーク北海道

事業内容(主要営業品目)

  • ガラスびんカレットの製造、加工、販売(各種、各色)
  • ガラスびんカレットの回収、運搬(再生利用)
  • ガラスびん再生処理回収加工業

求めたいニーズ(アイデア)

  • 紙ラベル除去のカレット製産技術
  • 生産加工量増産の為の技術=生産コストの削減等(選別技術)
  • 他(多)用途利用開発

事業実績・製品紹介(最近の特徴的なもの)

ガラスびんカレット(各色)約15,000t/年
 →ガラスびん原料用(主として)

主要機械設備

主要機械設備
機械設備の名称 型式・能力・寸法 台数
集塵サイクロン CR-1000(B2) 100m3/min 11.0kW 1
手選別振動フィーダー 1,000×3,000(SUS製) 1.1kW×2 1
金属探知機 MVK-500B-AD 0.6kW 1

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません