ここから本文です。

乳幼児の急病の対応

1.発熱

一般に母親は発熱に対して過敏で、危険視しすぎる傾向があります。発熱は一種の防御反応の表れであるので、熱を下げることにばかり気をとらわれず、全身状態や熱以外の症状についても十分観察して熱の原因となっている病気そのものが重いのかどうか推量する位の余裕を持ってほしいものです。
しかし熱を低くしてやることは、結局病気からの回復を助けてやることになります。

  1. こどもがいやがらなければ氷枕をしてやります。寒気があるような時には、かけぶとんを重ね、暑がっている時にはかけるものを薄くします。
  2. 脱水による発熱も加わることが多いので、ふだんより水分を多く与えることが大切です。
  3. 高熱で機嫌が悪く、なかなか寝つかないような場合には常備の解熱剤(坐薬)を使用します。
  4. 翌日も解熱しないようなら、かかりつけの医師に診てもらって、病気に応じた治療をうけます。

2.けいれん(ひきつけ)

1~2才の子供は高熱によりひきつけることがしばしばあります。まず大切なことは、大騒ぎをしないで落ち着くことです。着衣をほどいて胸を開き楽にしてやります。また、ひきつけで舌をかんだりすることはほとんどないので、口の内に無理にタオルを入れたりする必要はありません。高熱の時には頭を冷やしてやります。そのようなことをしているうちに、たいていのひきつけはおさまりますが、ひきつけが頻繁に起こっておさまらない時には、髄膜炎、脳炎あるいはライ症候群などの重い病気が考えられますので、至急病院へ連れて行く必要があります。熱でひきつけやすい子供の場合には解熱剤(坐薬)を常備しておき、発熱した時には普通の子供より早めに使用するとよいでしょう。

3.嘔吐

  1. 乳児はミルクの飲み方がヘたで空気を一緒に飲み込んでゲップと同時に吐乳しやすいものですが、吐物が気管内に入らないように顔を横にむけて吐き出しやすいようにします。1時間位飲ませないで様子をみて、そのあと番茶か砂糖水を少量ずつ飲ませ吐かないようなら、1回量を増やしていきます。
  2. 乳幼児の腹痛はガスがたまって胃や腸が張るためによることが多いので、まずゲップ抜きの要領で背中を軽くたたいてガスを吐き出させます。
  3. 嘔吐や血便がある時には腸重積症が考えられますので、早急に医師の診察を受けることが大切です。
  4. 吐き気、腹痛とともに発熱がある持には、腎孟炎・虫垂炎あるいは、胃腸炎などが考えられますので病院で受診してください。

4.下痢

下痢便でも、食欲があり機嫌もよく比較的軽い場合には、母乳だけか牛乳を2倍にうすめ1回50~70∝に減量します。いずれの場合でも不足の水分量を番茶か湯ざましで十分補うようにします。
下痢の程度が強く、食欲もな<、嘔吐や発熱を伴う時には、とりあえず水分のみを与えて絶食にし、病院を受診して点滴などの治療を受ける必要があります。

5.呼吸困難

乳幼児が突然はげしくむせて呼吸困難を呈した時には気道内異物が考えられますので、至急医師に診てもらわなければなりません。
気管支喘息による呼吸困難で危険なのは、喀痰による窒息ですから、いつもより水分を多く与えて喀痰を排出しやすいようにすることが大切です。重症発作の場合には病院での治療が不可欠です。
かぜの症状とともに呼吸困難が強くなり、チアノーゼを伴うような場合には、重い病気が考えられますので、急いで医師の診察を受ける必要があります。

お問い合わせ

健康こども部こども育成課
電話:総務係:0144-32-6224、幼児保育係:0144-32-6378
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

子育て相談に関すること

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません