ここから本文です。

私立幼稚園の補助金について


 苫小牧市では、私立幼稚園児の保護者の皆さんの負担を軽減するため、保育料と入園料を補助しています。
 ※別途の負担軽減がある次の幼稚園に在園及び入園の方は対象外です。
◇新制度幼稚園11園(藤、ふたば、聖母、マーガレット、ひかり、ひかりの国、錦岡、のぞみ、いずみ、エンゼル、ピノキオ)
◇認定こども園9園(勇払、第2はくちょう、もも花、中央、かおり、聖ルカ、あおば、あいか、はなぞの)
幼児教育・保育の無償化
令和元年10月から、3歳から5歳までのお子さんは、幼稚園・保育園・認定こども園等の保育料が無償化となる予定です。

◇保育料の補助(就園奨励費補助金)

(1)補助の対象となる園児
 以下のすべてに該当する園児になります。
・新制度に移行していない幼稚園(はくちょう、駒沢、青空)に在園していること。
・原則として保護者、園児ともに苫小牧市内に住民票があること。
・世帯の市民税の所得割額が211,200円以下であること。ただし、園児に同時に在園している兄・姉または小学校1~3年生の兄・姉がいる場合、所得割額に関わらず、補助の対象となります。

(2)申請方法
 通園先の幼稚園を通じて配布される申請書に必要事項を記入等し、通園先の幼稚園へ提出してください。毎年6月頃申請の案内が配付されています。

(3)補助金の交付
 平成30年度は3回苫小牧市での申請受付があり、1回目の申請につきましては、苫小牧市より11月に補助金が交付されていました。
 今年度の交付について、令和元年10月から3歳から5歳までのお子さんの保育料が無償化となる場合には、取り扱いが変更になる可能性があります。


〈平成30年度の補助の上限額〉
 下記は平成30年度の事業内容です。
 毎年、国(文部科学省)が事業内容を決定し直していますので、今年度の就園奨励費の正式決定は令和元年6月上旬の予定です。
 
減額措置対象者 補助金交付限度額
苫小牧市内に住所を有し、幼稚園に3歳児(年の途中で満3歳に達して入園する園児を含む)4歳児、5歳児を通園させている保護者で、次のいずれかに該当する世帯。 小学生以上の兄・姉等がいない園児   生計を一にする小学生以上の兄・姉等がいる園児(※2)
第1子  第2子  第3子 
以降 
新第2子 新第3子以降
Aランク
  1. 生活保護を受けている世帯
  2. 中国残留邦人等の自立支援に関する補遺率の規定による支援給付を受けている世帯



年額
228,000円
以内

 

年額
228,000円
以内

年額
228,000円
以内

年額
228,000円
以内

年額
228,000円
以内

A1ランク
(Aランクのうちひとり親世帯等)(※1)
 
Bランク
市(町・村)民税の所得割が非課税の世帯

年額
228,000円
以内

年額
228,000円
以内

年額
228,000円
以内

年額
228,000円
以内

年額
228,000円
以内

B1ランク
(Bランクのうちひとり親世帯等)(※1)
 
Cランク
市(町・村)民税の所得割課税額(世帯構成員中2人以上の者に所得がある場合は、その所得割額の合計額とする。以下同じ。)が77,100円以下である世帯
年額
187,200円
以内
年額
217,800円
以内
年額
228,000円
以内
年額
217,800円
以内
年額
228,000円
以内

C1ランク
(Cランクのうちひとり親世帯等)(※1)
 
年額
217,800円
以内
年額
228,000円
以内
年額
228,000円
以内
年額
228,000円
以内
年額
228,000円
以内
減額措置対象者 補助金交付限度額
苫小牧市内に住所を有し、幼稚園に3歳児(年の途中で満3歳に達して入園する園児を含む)4歳児、5歳児を通園させている保護者で、次のいずれかに該当する世帯。 右記以外
(小学校就学前の園児を上からカウント)
小学校1年生から3年生までに兄・姉がいる園児
第1子 第2子 第3子
以降
新第2子
新第3子
以降
Dランク
市(町・村)民税の所得割課税額が211,200円以下である世帯
年額
62,200円
以内
年額
145,200円
以内
年額
228,000円
以内
年額
145,200円
以内
年額
228,000円
以内
D3ランク
(Dランクのうち、市民税の所得割課税額が167,400円以下であり、かつ園児が生計を一にする兄・姉等を2人以上(小学4年生以上を含む)有している場合)(※2)
年額
228,000円
以内
年額
228,000円
以内
年額
228,000円
以内
年額
228,000円
以内
年額
228,000円
以内
Eランク
上記区分以外の世帯
(所得制限なし)
年額
114,000円
以内
年額
228,000円
以内
年額
114,000円
以内
年額
228,000円
以内
●住宅借入金特別税額控除を受けいている方は、記載されている市民税所得割額がそのまま判定基準額となりません。住宅借入金控除額(市民税分)を加算した額が判定基準額となります。

(※1)ひとり親世帯等とは、生活保護世帯、母子、父子あるいは寡婦世帯、身体障害者手帳の交付を受けたものが在宅する世帯、療育手帳の交付を受けたものが在宅する世帯、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けたものが在宅する世帯、特別児童扶養手当の支給対象児童が在宅する世帯、障害者基礎年金受給者が在宅する世帯のいずれかに当てはまる場合をいいます。

(※2)生計を一にするとは、在園児の保護者が自身の子ども等に対し、生活費、学資金、療養費等の支払い・送金等を行っている場合のことを指します。また、在園児からみて、兄・姉だけではなく、実親等を亡くした等の理由によりおじ・おば・いとこ等に対しても、在園児の保護者が同様に監護している場合は生計を一にする兄・姉等に該当します。いずれの場合においても同居・別居は問いません。



 

◇入園料の補助《入園料補助金》  園児一人につき10,000円

 ※ただし、生活保護法の規定による保護を受けている世帯については10,000円、市民税が非課税または所得割額非課税になる世帯については5,000円を加算。
令和元年10月から3歳から5歳までのお子さんの保育料が無償化となる場合には、入園料補助金の取り扱いが変更になる可能性があります。
(1)補助の対象となる園児
 ・新制度に移行していない幼稚園(はくちょう、駒沢、青空)に在園していること。
 ・原則として保護者、園児ともに苫小牧市内に住民票があること。
 ・過去にこの補助金を受け取ったことがないこと。

(2)申請方法及び交付
  入園手続きで入園料を支払う際に、園より説明があります。
  説明がない場合は、園へ直接ご確認ください。


~問い合わせ先~
〇各補助金の交付について(お金を受取る方法や日程について)⇒通園されている幼稚園へ
〇その他各補助金全般について⇒市役所こども育成課総務係(直通 32-6224)


 

お問い合わせ

健康こども部こども育成課
電話:総務係:0144-32-6224、幼児保育係:0144-32-6378
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

幼稚園

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません