ここから本文です。

母子・父子・寡婦福祉資金の貸付について

母子家庭や父子家庭、寡婦の方の生活安定と向上のため、低利子又は無利子で借りることが出来る北海道の貸付制度です。

福祉資金の種類

福祉資金の種類
資金の種類 内容 貸付限度額 据置
期間
償還期間
事業開始資金 事業を始めるのに必要な資金 283万円 1年 7年以内
事業継続資金 事業継続に必要な運転資金 142万円 6ヶ月 7年以内
技能習得資金 事業を開始または就職に必要な知識・技能を修得する資金 月額6万8千円 1年 20年以内
一括81万6千円
運転免許46万円
就職支度資金 就職するために必要な被服等の購入資金 10万円 1年 6年以内
特別枠33万円
住宅資金 住宅の建設、購入、補修、増改築資金 150万円 6ヶ月 6年以内
特別枠200万円 7年以内
転宅資金 住居を移転する為の住宅の賃借に際し必要な資金 26万円 6ヶ月 3年以内
医療介護資金 療養又は介護(1年以内)を受けるために必要な資金 医療34万円 6ヶ月 5年以内
特別枠48万円
介護50万円
生活資金 知識技能習得期間、医療や介護を受けている期間、母子家庭になって7年未満、又は失業中の生活を安定・継続するのに必要な生活補給資金 月額10万3千円 6ヶ月 5~8年以内
技能習得期間月間14万1千円 20年以内
修学資金 子どもが高校・大学・高等専門学校又は専修学校に就学するために必要な資金(授業料・書籍代・交通費等) 月額2万7千円~9万6千円 6ヶ月 5~20年以内
就学支度資金 子どもが就学・修業するために必要な被服等の購入資金 4万6百円~59万円 6ヶ月 5~20年以内
修業資金 子どもが事業を開始又は就職するために必要な知識・技能を取得するために必要な資金 月額6万8千円 1年 6年以内
運転免許46万円
結婚資金 子どもの結婚に必要な経費の資金 30万円 6ヶ月 5年以内
  • 申請書は市で配布し、申請者が北海道(胆振保健福祉事務所)に直接提出することになります。
  • 現在修学資金・技能習得資金の貸付を利用されている方で、次年度も継続して利用される方は係まで申請書を取りにお越しください。
  • また、継続しない方は胆振保健福祉事務所までご連絡をお願いします。
  • ※詳しくは、北海道(胆振保健福祉事務所)へお問い合わせください。
    電話:0143-24-9845

お問い合わせ

健康こども部こども支援課
電話:助成給付係:0144-32-6416、相談係:0144-32-6369、少年指導係:0144-32-6148
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

母子・父子家庭の方へ

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

くらしの手続き
結婚・離婚

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません