ここから本文です。

申請からサービス利用について(居宅でサービスを利用したい方)

居宅サービスの種類は下表のとおりです。
詳しい連絡等は、市介護福祉課や最寄りの居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)などにお問い合わせください。
※居宅サービスなどを利用する際は、要介護状態区分別に、利用できる上限額(支給限度額)が決められています。利用者負担は、原則としてサービスにかかった費用の1割(一定以上所得のある方は2割または3割)です。
訪問を受けて利用するサービス
  • 訪問介護
  • 訪問入浴介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
  • 居宅療養管理指導
日帰りで施設へ通うサービス
  • 通所介護(デイサービス)
  • 認知症対応型通所介護(認知症対応型デイサービス)
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
  • 小規模多機能型居宅介護
施設への短期入所サービス
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 短期入所療養介護(ショートステイ)
福祉用具の貸与・購入や住宅の改修
  • 福祉用具の貸与
  • 福祉用具購入費の支給
  • 住宅改修費の支給
介護サービス計画の作成(ケアプランの作成)

訪問を受けて利用するサービス

ホームヘルパーが自宅を訪問し、入浴、排せつ、食事などの身体介護や調理、洗濯などの生活援助を行います。
また、要介護1~5の方は、通院などを目的とした乗降介助も利用できます。
浴槽を積んだ入浴車などが訪問し、入浴介助を行います。
訪問を受けて利用するサービス表
サービスの種類 サービスの内容 苫小牧市を営業地域としている事業者名
訪問介護 ホームヘルパーが自宅を訪問し、入浴、排せつ、食事などの身体介護や調理、洗濯などの生活援助を行います。また、要介護1~5の方は、通院などを目的とした乗降介助も利用できます。 事業者一覧
訪問入浴介護 浴槽を積んだ入浴車などが訪問し、入浴介助を行います。 事業者一覧
訪問看護 疾患等を抱えている方について、看護師などが訪問して、療養上の世話や診察の補助を行います。 事業者一覧
訪問リハビリテーション 自宅での生活行為を向上させるために、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が訪問によるリハビリテーションを行います。 事業者一覧
居宅療養管理指導 医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが訪問し、療養上の管理や指導を行います。
  • 病院、診療所
  • 歯科医院
  • 薬局

日帰りで施設に通うサービス(食事・送迎等の加算があります)

日帰りで施設に通うサービス表
サービスの種類 サービスの内容 苫小牧市を営業地域としている事業者名
通所介護
(デイサービス)
通所介護施設で、食事、入浴などの日常生活上の支援や、生活行為向上のための支援を日帰りで行います。 事業者一覧
認知症対応型
通所介護(認知症対応型
デイサービス)
認知症の方がデイサービスセンターなどに通い機能訓練などが受けられます。 事業者一覧
通所リハビリテーション
(デイケア)
老人保健施設や医療機関などで、食事、入浴などの日常生活上の支援や生活行為向上のためのリハビリテーションを、日帰りで行います。 事業者一覧
小規模多機能型居宅介護 通いを中心に、利用者の選択に応じて訪問や泊まりのサービスを組み合わせ、入浴・排せつ・食事等の介護や機能訓練などが受けられます。 事業者一覧

施設への短期入所サービス(食事・送迎等の加算があります)

施設への短期入所サービス表
サービスの種類 サービスの内容 苫小牧市を営業地域としている事業者名
短期入所生活介護
(ショートステイ)
福祉施設に短期間入所して、宿泊しながら、日常生活上の支援や機能訓練が受けられます。 事業者一覧
短期入所療養介護
(ショートステイ)
医療施設に短期間入所して、宿泊しながら、医療上のケアを含む介護を受けられます。 事業者一覧

福祉用具の貸与・購入や住宅の改修

福祉用具の貸与・購入 (料金は用具の種類や事業所などによって異なります)

福祉用具の貸与・購入や住宅の改修表
サービスの種類 サービスの内容 主な福祉用具
福祉用具の貸与 日常生活の自立を助けるための
福祉用具を貸し出します。
  1. 車いす
  2. 車いす付属品
  3. 特殊寝台
  4. 特殊寝台付属品
  5. 床ずれ防止用具
  6. 体位変換器(起き上がり補助装置を含む)
  7. 認知症老人徘徊感知機器(離床センサーを
    含む)
  8. 移動用リフト(階段移動用リフトを含む・
    つり具を除く)
  9. 自動排せつ処理装置(要介護4、5の方)
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ
  • 手すり(工事をともなわないもの)
  • スロープ(工事をともなわないもの)
特定福祉用具の
購入費の支給
申請により、入浴や排せつなど
に使用する福祉用具の購入費を
1年につき10万円を上限に(う
ち1~3割は自己負担)を支給
します。
(指定を受けた事業所で購入し
た場合に限り支給されます)
  • 腰掛便座
  • 自動排せつ処理装置の交換可能部品
  • 入浴補助用具(入浴用介助ベルトを含む)
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具
※要介護1と要支援1・2の方については、a~iの福祉用具は原則として保険給付の対象となりませんが、医師が必要と認めた場合等には、例外的に保険給付の対象となる場合があります。

住宅改修費の支給 (事前に申請が必要です)

住所地(住民票に登録されている住所)の住宅に手すり取り付けや段差解消などの住宅改修をした際、20万円を上限に(うち1~3割が自己負担)費用を支給します。
  1. 手すりの取り付け
  2. 段差の解消
  3. 滑り防止や移動を円滑にするための床材の変更
  4. 引き戸などへの扉の取替え(引き戸等の新設を含む)
  5. 洋式便器などへの便器の取替え
  6. (1)~(5)の住宅改修に付帯して必要となる工事

介護サービス計画の作成(ケアプランの作成)

在宅の介護サービス計画(ケアプラン)を、契約したケアマネジャーが作成します。利用者負担はありません

お問い合わせ

福祉部介護福祉課
電話:総務係:0144-32-6340、0144-32-6344、資格給付係:0144-32-6341、0144-32-6342、地域包括係:0144-32-6347
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

介護保険について

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません