ここから本文です。

介護保険料の滞納措置制度について

被保険者が、災害などの特別な事情があった場合を除き、保険料を滞納すると次のような措置を受けることとなります。

第1号被保険者(65歳以上の方)の場合

第1号被保険者(65歳以上の方)の表
滞納の期間と制限措置 被保険者への制限
1年間滞納した場合
(介護保険法第66条)
  • サービス利用時の支払方法の変更
    (償還払い化)
本来1割又は2割負担のところ、一旦サービス費用の全額を支払い、のちに支払った費用の9割又は8割の払い戻しを市から受ける方法に変わります。
1年6ヵ月滞納した場合
(介護保険法第67条)
  • 保険給付の全部または一部の差し止め
  • 保険給付額から滞納保険料を控除
保険給付が償還払い化になっており、支払い戻しを受ける9割又は8割分が差し止めとなり、差し止められた給付額から滞納保険料が差し引かれます。
2年間滞納した場合
(介護保険法第69条)
  • サービスを受ける際の利用者負担の引き上げ
  • 高額サービス費の支給停止
  • 特定入所者介護(予防)サービス費の支給停止
保険料の未納期間に応じて、本来の1割又は2割負担から3割負担の利用者負担に変わります。また、高額サービス費などの支給も受けられなくなります。

第2号被保険者(40歳以上64歳の方)の場合

第2号被保険者(40歳から64歳の方)の表
滞納の期間と制限措置 被保険者への制限
未納医療保険料がある場合
(介護保険法第68条)
  • サービス利用時の支払方法の変更
    (償還払い化)
  • 保険給付の全部または一部の差し止め
保険給付の支払いが償還払いに変更されるとともに、保険給付の全部または一部が差し止めとなる場合があります。

お問い合わせ

福祉部介護福祉課
電話:総務担当:0144-32-6340、資格担当:0144-32-6341、給付担当:0144-32-6342、認定担当:0144-32-6344、地域支援担当:0144-32-6347、包括ケア担当:0144-32-6203
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません