ここから本文です。

介護保険のしくみ

介護保険はみんなで支えあう制度です

介護保険制度は、40歳以上の皆さんが加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護を必要とする状態となっても、自立して生活ができるよう、高齢者の介護を社会全体で支える仕組みとなっています。

保険者(苫小牧市)

  • 介護サービス等を総合的に提供できる体制を整え、円滑な介護保険制度を運営します。
  • 保険料を徴収し、保険者証を交付します。
  • 要介護認定を行います。

被保険者

  • 要介護認定を受けた方は、介護サービスが利用できます。
  • 保険料を納めます。
  • 介護サービスを利用した場合、利用者負担分を支払います。
被保険者の表
被保険者証の交付時期 介護サービスを利用できる条件
65歳以上の方
 (第1号被保険者) 
65歳になる前月に
苫小牧市から届きます
介護が必要と認定された方
(どんな病気やけがが原因で、介護が
必要となったのかは問われません)
40歳~64歳の方
 (第2号被保険者)
介護が必要であると
認定された時に交付されます
特定疾病が原因となって、介護が
必要であると認定された方
(特定疾病以外の原因で介護が必要に
なった場合は、介護保険の対象には
なりません)

特定疾病とは

  • 後縦靭帯骨化症
  • パーキンソン病関連疾患
  • 老期における認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 脳血管疾患
  • 末期がん
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 関節リウマチ
  • 早老症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • 多系統萎縮症

高齢者の推移と事業計画

住民基本台帳人口による各年度の総人口及び65歳以上人口の高齢者数は下図のとおりです。
23年度と26年度を比較すると、総人口で0.07%の伸びに対し、65歳以上の高齢者は14.33%の伸びとなっています。

65歳以上高齢者人口の推移



 

高齢者化率の推移

苫小牧市の人口は平成26年10月現在で、174,136人(住民基本台帳人口)。そのうち、約24.3%を65歳以上の高齢者の方が占めています。
今後さらに高齢化は急速に進み、苫小牧市では、平成29年度に26.9%に達すると見込まれています。

 

介護保険事業計画

介護保険制度では、介護サービスや保険料が適当かどうかなど、3年ごとに介護保険事業計画を見直すことになっています。この事業計画では、介護保険制度を経営していく上で必要とされる介護サービスの量や、その確保のための方法などを具体的に示し、地域のニーズにあった介護サービスの基盤を整備していくための基本的な方策が盛り込まれています。


 

お問い合わせ

福祉部介護福祉課
電話:総務担当:0144-32-6340、資格担当:0144-32-6341、給付担当:0144-32-6342、認定担当:0144-32-6344、地域支援担当:0144-32-6347、包括ケア担当:0144-32-6203
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません