ここから本文です。

第6期計画での主な変更点

介護保険料は、介護保険事業計画に応じて3年ごとに見直され、平成27年度から新たな保険料が設定されました。 平成27年度からは『保険料基準額』と『保険料段階の設定』が変更されています。

保険料基準額(月額)の変更

平成27年度からの3年間で見込まれる必要なサービスのうち、65歳以上の第1号被保険者の保険料負担分を算出した結果、下記の金額に変更となりました。

平成24年度~26年度・改正前

  4,864円

平成27年度~29年度・改正後

  5,372

保険料段階の変更

平成26年度までの保険料は8段階(10区分)で設定されていましたが、平成27年度からは10段階の設定となりました。保険料の段階を増やすことによって、これまでよりも負担能力に応じた保険料の設定としました。
保険料段階の変更表
第5期計画(平成24~26年度) 第6期計画(平成27~29年度)
段階 対象者 保険料(年額) 段階 対象者 保険料(年額)
第1段階 生活保護・中国残留邦人等支援給付の受給者または、世帯全員が市町村民税非課税で本人が老齢福祉年金受給者 29,100円 基準額 ×0.50 第1段階 ・生活保護・中国残留邦人等支援給付の受給者または、世帯全員が市町村民税非課税で本人が老齢福祉年金受給者
・世帯全員が市町村民税非課税で、本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方

29,000円 基準額 ×0.45
第2段階 本人市町村民税非課税 同じ世帯にいる方全員が市町村民税非課税 課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方 29,100円 基準額 ×0.50 第2段階 本人市町村民税非課税 同じ世帯にいる方全員が市町村民税非課税 課税年金 収入額と合計所得金額の合計が80万円を超え、120万円以下の方 42,500円 基準額 ×0.66
第3段階 (軽減) 課税年金 収入額と合計所得金額の合計が80万円を超え、120万円以下の方 38,500円 基準額 ×0.66 第3段階 第1段階、第2段階に該当しない方 48,300円 基準額 ×0.75
第3段階 第1段階、第2段階及び第3段階(軽減)に該当しない方 43,700円 基準額 ×0.75 第4段階 同じ世帯に市町村民税課税者がいる 課税年金収入 額と合計所得金額の合計が80万円以下の方 58,000円 基準額 ×0.90
第4段階 (軽減) 同じ世帯に市町村民税課税者がいる 課税年金収入 額と合計所得金額の合計が80万円以下の方 53,100円 基準額 ×0.91 第5段階 第4段階に該当しない方 64,400円 基準額 ×1.00
第4段階 第4段階 (軽減) に該当しない方 58,300円 基準額 ×1.00 第6段階 本人市町村民税課税 本人の合計所得金額が120万円未満の方 77,300円 基準額 ×1.20
第5段階 本人市町村民税課税 本人の合計所得金額が125万円未満の方 67,700円 基準額 ×1.16 第7段階 本人の合計所得金額が120万円以上190万円未満の方 83,800円 基準額 ×1.30
第6段階 本人の合計所得金額が125万円以上190万円未満の方 72,900円 基準額 ×1.25 第8段階 本人の合計所得金額が190万円以上290万円未満の方 96,600円 基準額 ×1.50
第7段階 本人の合計所得金額が190万円以上350万円未満の方 87,500円 基準額 ×1.50 第9段階 本人の合計所得金額が290万円以上350万円未満の方 109,500円 基準額 ×1.70
第8段階 本人の合計所得金額が350万円以上の方 102,100円 基準額 ×1.75 第10段階 本人の合計所得金額が350万円以上の方 122,400円 基準額 ×1.90
 ※第6期計画の第1段階の年額及び割合は公費負担による軽減後の金額及び割合です。

お問い合わせ

福祉部介護福祉課
電話:総務担当:0144-32-6340、資格担当:0144-32-6341、給付担当:0144-32-6342、認定担当:0144-32-6344、地域支援担当:0144-32-6347、包括ケア担当:0144-32-6203
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません