ここから本文です。

介護予防・日常生活支援総合事業について

平成28年4月1日より介護予防・日常生活支援総合事業を実施しています

 介護保険法改正に伴い、苫小牧市では平成28年4月1日から「介護予防・日常生活支援総合事業」(以下、「総合事業」)を実施しています。
 これにより、全国一律の基準で提供していた介護予防訪問介護及び介護予防通所介護は、市の事業である総合事業へ移行しました。介護保険法改正前の介護予防訪問介護及び介護予防通所介護は、それぞれ「第1号訪問型サービス」及び「第1号通所型サービス」へ変わりました。
 総合事業移行後のサービス基準、単位数、利用者負担、給付管理等は、国基準(予防給付担当)に準拠して実施しています。
 
予防給付 総合事業(平成28年4月1日から順次移行)
介護予防訪問介護 第1号訪問型サービス
介護予防通所介護 第1号通所型サービス
 

第1号訪問型サービス及び第1号通所型サービスの指定事業者

 第1号訪問型サービス及び第1号通所型サービスは、指定事業者制度により実施しています。
 総合事業に係る規定の施行日の前日(平成28年3月31日)において、都道府県から介護予防訪問介護及び介護予防通所介護の指定を受けている事業者は、総合事業の指定を受けたものとみなされ(みなし指定)、総合事業である第1号訪問型サービスまたは第1号通所型サービスのサービスを提供することができます。
 みなし指定の有効期間は、平成28年4月1日から平成30年3月31日までの2年間です。平成30年度以降も事業を継続する場合は、苫小牧市から指定を受ける必要があります。


 

利用者の総合事業への移行時期

 新規・区分変更・更新の申請により要支援認定を受け、かつ有効開始日が平成28年4月1日以降の方から順次移行します。 


 

総合事業にかかるサービス事業費の請求

 予防給付と同様、審査支払は国保連が行いますので、サービス提供を行った事業者は国保連へ請求してください。   ※必要に応じてファイル形式を変換してください。

 
  1. 第1号訪問事業(介護予防訪問介護相当)
    • 平成27年3月31日以前に指定を受けた事業者
      サービスコード表のA1(訪問型サービス・みなし)から始まるものを使用してください。
    • 平成27年4月1日以降に指定を受けた事業者
      サービスコード表のA2(訪問型サービス・独自)から始まるものを使用してください。
  2. 第1号通所事業(介護予防通所介護相当)
    • 平成27年3月31日以前に指定を受けた事業者
      サービスコード表のA5(通所型型サービス・みなし)から始まるものを使用してください。
    • 平成27年4月1日以降に指定を受けた事業者
      サービスコード表のA6(通所型サービス・独自)から始まるものを使用してください。
 

総合事業に関するその他資料


 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

福祉部介護福祉課
電話:総務担当:0144-32-6340、資格担当:0144-32-6341、給付担当:0144-32-6342、認定担当:0144-32-6344、地域支援担当:0144-32-6347、包括ケア担当:0144-32-6203
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

地域支援事業

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません