ここから本文です。

認知症サポーター・認知症見守りたい

認知症サポーターに関するページ

                           ロバのイラスト        4頭のロバのイラスト

苫小牧市の現在のサポーター数

20,995人  
                  平成31年3月31日現在
 

認知症サポーターキャラバンとは

 認知症の人と家族への応援者である認知症サポーターを全国で多数養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指しています。
 この認知症サポーター養成は、開始当初全国で100万人養成することを目標にしておりましたが、平成21年度に100万人を達成し、平成30年12月31日末現在1,110万人を達成しております!

 苫小牧市においても、平成19年1月よりサポーター養成講座を実施しており、現在までに多くのサポーターを輩出しています。平成30年度は市内サポーター数19,000人を目標に掲げておりましたが、多くの市民の協力で目標を達成し、さらに平成30年11月に苫小牧市立清水小学校6年生を対象に実施しました認知症キッズサポーター養成講座で20,000人に達成しました!


  令和元年度は認知症サポーター累計数23,000人を目標に展開していきます。

pdf認知症サポーターリーフレット(316.35 KB)
 

認知症サポーターとは?

 認知症サポーターはなにか特別なことをする人ではありません。

 認知症について正しく理解し、認知症の方やその家族を見守る応援者(サポーター)です。
 認知症サポーター養成講座を受講した方が認知症サポーターとなり、そのしるしとしてオレンジリングをお渡しします。
 このオレンジリングを身につけていることで、まちの中で「この人は認知症かな」と思って声をかけるときでも、周囲にも「あの人は、認知症の人のお手伝いをしているんだな」と一目でわかる場合があります。

 苫小牧市では若い世代への認知症サポーター養成にも力を入れており、小学生高学年を対象にした認知症キッズサポーター養成講座、中学生を対象にした認知症サポーター中学生養成講座も実施しており、市内にはオレンジリングを持った児童・生徒がたくさんいます。
  ストラップの画像   

認知症サポーターの活動

 認知症サポーターに決まった活動はなく、日常生活の中で出来ることをしていただきます。地域で困っている人を見かけたら声をかけるなど、自分でできる範囲で結構です。
 たとえば、認知症の人が困っている様子を見かけたら「何かお手伝いすることはありますか?」と声をかけてみる事も活動の1つです。
 認知症サポーターの温かい目が、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりにつながっていきます。
 

認知症サポーター養成講座とは

 地域や職場・学校などで認知症の基礎知識について、またサポーターとして何ができるかなどについて、おおむね1時間から1時間半程度学びます。受講者の数は全国キャラバン・メイト連絡協議会へ登録させていただきます!

 お申し込みは、下記の苫小牧キャラバン・メイト連絡会事務局までお電話ください。
 

平成31年度開催予定日・時間

 苫小牧市では定期開催として年4回実施しております。

 平成31年  6月 21日(金)  13:30~15:00   苫小牧市民活動センター
         9月  18日(水)  10:00~11:30     苫小牧市民活動センター 
        
 費用 無料です。受講者全員に認知症サポーターでの証であるオレンジリングを、各事業者には事業所に張ることができるステッカーを配布します。

 ※以降の開催予定につきましては、ホームページ等でご案内いたします。
 

サポーター養成講座のお申し込み方法

あなたの地域や職場、学校、各種の集まり等で認知症について学んでみませんか?
認知症キャラバン・メイトが講師となって、あなたの地域へお伺いいたします。
少人数でも大歓迎!
まずは下記へご連絡ください!!
 
苫小牧市福祉部介護福祉課(苫小牧キャラバン・メイト連絡会事務局)
電話 0144-32-6347

pdfサポーター養成講座 申込書(103.29 KB) (一般の方用) 

pdfサポーター養成講座 申込書(104.49 KB) (キャラバン・メイト用)

※ 申込書の太枠にご記入の上、市役所介護福祉課地域包括係(1階15番窓口)にお持ちください。

 

認知症サポーターの登録について 

認知症サポーター養成講座を受講し、認知症サポーターになられた方(オレンジリングをお持ちの方)を対象に、任意での登録をお受けいたします。登録後、希望者には研修のご案内などのお知らせを送付させて頂きます。

 

認知症見守りたいについて

  認知症見守りたいとは、地域の方に関心をもち、認知症などで困っている方の相談を聞くなど、認知症やそのご家族を見守る地域の応援者です。
 苫小牧市では、認知症サポーター(オレンジリングをお持ちの方)の中で、「もう少し地域に出て活動したい」「認知症について理解を深めたい」という方に対して、認知症見守りたい養成講座を実施しております。
 認知症になっても安心して暮らせる苫小牧をめざして、一緒に活動しませんか?
 今後の開催予定につきまして、ホームページ等でご案内いたします。

 

認知症見守りたいの活動とは


 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

福祉部介護福祉課
電話:総務係:0144-32-6340、0144-32-6344、資格給付係:0144-32-6341、0144-32-6342、地域包括係:0144-32-6347
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません