ここから本文です。

予防接種Q&A

予防接種全般

Q1.予防接種の計画はどのように立てればよいでしょうか?

A1.定期接種(ジフテリア・百日せき・破傷風、ポリオ、BCG、麻しん・風しん)は公費で受けられる時期になったら、なるべく早い時期に受けましょう。月齢が低いうちからかかる可能性の高い病気の予防接種は、優先して受けるといいでしょう。かかりつけの医師と相談のうえ、体調を考慮しながら順次受けましょう。
麻しん(はしか)はかかると重症化しやすいので、1歳の誕生日がきたら早めに混合ワクチンを接種しましょう。
 

Q2.予防接種当日は何を持って行けばよいですか?

A2.母子手帳と予防接種のしおりは必ず持ってきてください。予防接種のしおりには予診票がついていますので、接種当日の朝、お子さんの様子を見ながらあらかじめ記入しておいてください。
 

Q3.卵アレルギーなんですが、予防接種は受けれますか?

A3.麻しん・風しんワクチンとインフルエンザワクチンには鶏卵成分が含まれていますので、卵アレルギーのある方は慎重に接種する必要があります。かかりつけの医師と相談してみましょう。
 

Q4.ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風(DPT-IPV)のように複数回接種するものの間に、BCGなど1回きりのものを挟んでもかまわないの?

A4.挟んでも問題ありません。生ワクチン(麻しん・風しん、水痘、BCG等)接種後は27日間以上、不活化ワクチン(ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風(DPT-IPV)、ヒブ、小児用肺炎球菌、インフルエンザ等)接種後は6日間以上の間隔をあければ問題ありません。
 

Q5.8歳になってしまったんですが、予防接種が全部済んでいません。

A5.7歳半未満までに接種できなかった時は実費になりますが、接種したほうがよいでしょう。接種の方法などについては、かかりつけの医師または健康支援課へお尋ねください。
 

Q6.37.5度以上の熱があるんですが、予防接種は受けられますか?

A6.少しでも、調子が悪いかな?と思ったら受けないほうが安心です。37.5度以上熱がある場合は、病気の前触れでこれから熱が上昇したり症状の出る可能性がありますので見合わせたほうがよいでしょう。
 

Q7.せきが出ているんですが・・・

A7.朝晩に多少せき込んでいても、昼間は元気で機嫌がよく、食欲もあり、せきも少ないようであれば予防接種を受けられることが多いようです。ただし、これはせきの程度が軽く、のどの炎症や発熱といった症状がない場合です。問診の際医師に相談してみましょう。
 

Q8.鼻水が出ているんですが・・・

A8.機嫌もよく食欲もあり、透明な鼻水以外に目立った症状がなければ予防接種を受けられることが多いようです。問診の際医師に相談してみましょう。
 

Q9.薬を飲んでいるんですが・・・

A9.薬といってもさまざまなので、服用中=接種NGというわけではありません。感染症の治療のための薬であれば、まずその病気を治すことが優先ですが、持病があって服薬している場合などは、その子の健康を守るためにも積極的に接種を行いたいものです。
 

Q10.予防接種を受けた日にお風呂に入っても大丈夫?

A10.入浴は注射のあと1時間以上経過していれば差し支えありません。ただ、注射部位をゴシゴシこすることはやめましょう。(発熱した場合の入浴は避けてください。)

ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風(DPT-IPV)

Q11.ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風(DPT-IPV)予防接種の1回目と2回目の間隔が規定以上にあいてしまった場合はやり直しですか?

A11.規定は20日~56日ですが、間隔があきすぎたからといって初めから受けなおす必要はありません。間隔があいてしまった場合でも、続けて受ければ免疫のつき方に大きな問題はないといわれています。間隔があいた場合は以下の1~3を参考にしてください。
  1. 1回目と2回目の間隔が56日を超えた場合は、2回目と3回目を20~56日間で接種すれば、第1期初回を終了したものと考えます。
  2. 2回目と3回目の間隔が56日を超えた場合は、その間隔が6か月未満であれば、そのまま3回目を接種し、6か月以上であれば、3回目を行わずに第1期追加を行います。
  3. 第1期追加接種は第1期初回接種後12~18か月の間に行うことが望まれますが、18か月以上経過した場合でも、できるだけ早く追加接種を行いましょう。(7歳半未満までは無料で接種ができます。)
     

Q12.ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風(DPT-IPV)ワクチンを接種した部位が赤く腫れてしまったんですが・・・

A12.1回目の接種では軽度で、2回目以降の接種では強くなる傾向がありますが、たいていは3~4日で消失するので心配ありません。また、ワクチンに含まれるアルミニウムゲルという成分の影響で、小さく硬いしこりが1か月くらい続くこともありますが、自然に消えるため、これも心配ありません。
 

 Q13.百日せきにかかったことがありますが、ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風(DPT-IPV)ワクチンを接種できますか?

A13.予防接種実施規則の改正により、今までに百日せきなどにかかったことがある方でも混合ワクチンを接種できるようになりました。既に免疫があるワクチン成分を接種しても体への心配はありません。

BCG

Q14. BCGのあとがじくじくしているんですが・・・

  
 A20 接種後2~3週間で赤いポツポツができ、4週間ほどでかさぶたができます。
 BCGの針の跡ひとつひとつがうみを持つのは普通のことです。3か月後にはほとんどかさぶたもとれます。
 この間接種部位は清潔に保ち、いつも乾燥した状態にしておきます。かさぶたを無理にはがしたり、お風呂でこすったりするのは絶対にやめてください。
 ばんそうこうや包帯はしないでください。ただし、全体がくっついて皮がむけるなどの場合は医師の診察を受けてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません