ここから本文です。

現在位置

平成25年6月15日子宮頸がん予防ワクチンの取扱いについて

 平成25年6月14日、厚生労働省よりワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、積極的な接種勧奨を差し控えるよう通知がありました。これに基づき、苫小牧市においては、接種対象者への個別通知による接種勧奨を差し控えることといたしました。
 なお、今回の措置は一時的措置であり、定期予防接種そのものの中止ではありません。
 接種を希望する方の保護者は、ワクチンの有効性及び安全性等について十分にご理解いただいた上で、判断していただきますようお願いいたします。ワクチンの有効性及び安全性については、厚生労働省作成のリーフレットをご覧ください。
  また、子宮頸がん予防ワクチンについての情報は、以下の厚生労働省ホームページをご参考ください。
 
リーフレット(接種者向け)
リーフレット(保護者向け)
子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A(厚生労働省)
子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」についてのQ&A(厚生労働省)

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

予防接種に関すること

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません