ここから本文です。

予防接種一覧(成人用)

定期予防接種(有料)

成人用肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌とは

  主に気道(鼻や喉の奥)の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎などを起こすことがあります。肺炎は日本の死亡原因の第3位となっており、日常的に生じる成人の肺炎のうち、1/4~1/3は肺炎球菌が原因と考えられています。

肺炎球菌ワクチンとは

  肺炎球菌によって起こる肺炎などの感染症を防ぐワクチンであり、定期接種で受けられる成人用肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌のうち主な23種類の細菌に有効とされています。
 

接種対象年齢 接種回数      .          接種料金                    接種場所等
該当する誕生日
昭和28年4月2日~昭和29年4月1日(平成30年度中に65歳になる方)

昭和23年4月2日~昭和24年4月1日(平成30年度中に70歳になる方)

昭和18年4月2日~昭和19年4月1日(平成30年度中に75歳になる方)

昭和13年4月2日~昭和14年4月1日(平成30年度中に80歳になる方)

昭和8年4月2日~昭和9年4月1日(平成30年度中に85歳になる方)

昭和3年4月2日~昭和4年4月1日(平成30年度中に90歳になる方)

大正12年4月2日~大正13年4月1日(平成30年度中に95歳になる方)

 大正7年4月2日~大正8年4月1日(平成30年度中に100歳になる方)
1回
※過去に成人用肺炎球菌ワクチンを接種した方は対象外です。
2,500円
※生活保護世帯に属する方は、保護手帳を提示し、無料
pdf市内の医療機関(93.44 KB)
※接種日、時間などは医療機関により異なりますので、 接種しようとする医療機関にお確かめください。

※必ず事前に医療機関に予約してから接種してください。
60~64歳で心臓・腎臓・呼吸器機能障害またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害が身体障害者手帳1級の方
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません