きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症について
※ご覧になりたい項目をお選びください

新着情報

■ 緊急事態宣言が発出されています 北海道では2月15日(月)まで集中対策期間です
 全国的な新型コロナウイルス感染症の感染が急速に拡大している状況を踏まえ、国では11都府県に緊急事態宣言を発出しております。
 北海道では道内感染者の急増が懸念される状況にあることから、集中対策期間を2月15日(月)まで延長することとしました。
 集中対策期間の延長に伴い市民の皆様には、緊急事態宣言の対象地域への不要不急の往来や感染リスクが回避できない場合は札幌市との不要不急の往来を引き続き控えるようお願いします。
 また、できる限り同居していない方との飲食についても控え、感染防止策を徹底いただくようお願いします

 
■認可保育施設等の新型コロナウイルス感染症に係る状況について(1月21日更新)
現在、あけの保育園について情報を更新しています。
詳細については こちら(市こども育成課のページ)をご覧ください。
■ 飲食店等支援給付金事業について(1月19日更新)
 新型コロナウイルス感染症の拡大にて外出自粛ムードが広がり、年末年始の忘新年会シーズンに大きな影響を受け、令和2年12月又は令和3年1月の売上が前年同月比30%以上減少している市内の飲食店等に1店舗あたり10万円を支給する『飲食店等支援給付金』の申請受付を開始します。
詳細については こちら(市商業振興課のページ)をご覧ください。
■苫小牧市立勇払小学校の新型コロナウイルス感染症に係る臨時休業(学級閉鎖)について(1月18日更新)
この度、勇払小学校児童2名が新型コロナウイルス感染症に感染したことが判明しました。
感染拡大を防止するため、当該児童が在籍する学級を1月16日(土)から1月27日(水)まで臨時休業とすることとしました。
詳細については こちら(市教育委員会のページ)をご覧ください。
■苫小牧市教育委員会職員の新型コロナウイルス感染症の感染について(1月15日更新)

この度、教育委員会所属職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染したことが判明しました。
市民や職場の職員との接触はございません。
なお、勤務先の消毒作業は終了しております。
詳細については こちら(市教育委員会のページ)をご覧ください。

■苫小牧市職員の新型コロナウイルス感染症の感染について(1月11日更新)

この度、福祉部所属職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染したことが判明しました。
感染した職員と接触のあった他の職員については特定されており、全員の陰性が確認されております。
また、短時間接触のあった一般市民について、保健所により検査を実施する予定となっております。
なお、勤務先の消毒作業は終了しております。
詳細については こちら(市行政監理室のページ)をご覧ください。

■市立病院職員の新型コロナウイルス感染症の感染について(1月5日更新)
この度、市立病院に勤務する医師1名の感染が確認されました。なお、当該医師の濃厚接触者を特定し検査を行った結果、陰性が確認されたことから今後も診療を継続します。
※12月17日に発生した感染症病棟内の感染事案との関連はありません。
詳細については こちら(市立病院のページ)をご覧ください。
■ 商品券給付事業の配送状況ついて(12月2日更新)
18歳未満のお子さんを対象とした「子育て応援商品券」と、65歳以上の方を対象とした「高齢者支援商品券」について、対象者に対する配送は11月中旬をもって完了しておりますが、ご不在等でお届けできなかった商品券が戻ってきております。
お心当たりのある方は、下記までご連絡をお願いいたします。

【子育て応援商品券 問合せ先
健康こども部 健康支援課(☎0144-32-6407)
※対象者やQ&Aなど、詳しくはこちら

【高齢者支援商品券 問合せ先】
福祉部 総合福祉課(☎0144-32-6345)
※対象者やQ&Aなど、詳しくはこちら
■コロナとインフルエンザを防ぐ6つの行動ポスターについて(11月2日更新)pdf(71.03 KB)
これからインフルエンザの流行期を迎えることから、これまで以上にしっかりと感染対策に取り組む必要があります。市民の皆さんに実践していただきたい6つの行動をポスターにしましたので、引き続きご協力をお願いします。
なお、ポスターは自由にダウンロードしてお使いいただけますので、店舗・施設に掲示いただくなど、ぜひご活用ください。
 

苫小牧市内の発生状況について

 本日時点で北海道から公表されている市内居住者の感染者は137人です。
 詳しくは、こちら(市内居住者の感染情報について)のページをご覧ください。

 

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症に感染した方やそのご家族、事業所、外国人の方等に対する誤った情報や不確かな情報に基づいた不当な差別やいじめ、SNSでの誹謗中傷等の人権侵害は行わないようお願いします。
(「新型コロナウイルス感染症に関連して -不当な差別や偏見をなくしましょう-」
 【法務省ホームページへ】)
 
【イベント開催時における留意事項について】
市内で開催される各種イベントについて、新型コロナウイルス感染防止のため自粛傾向にありましたが、徐々に再開の動きが出てきています。
 
市の関係団体や機関等がイベントを開催するという話があった場合には、北海道からの関連通知やホームぺージをご確認いただくとともに、「pdfイベント主催者セルフチェックシート(742.73 KB)」をご活用いただくよう、お願いいたします。
なお、全国規模のイベント又は1,000人以上が集まるイベントについては、北海道へ事前相談が必要となります。
※本市の場合は、苫小牧保健所(☎34‐4168)が相談窓口となります。
イベント開催に当たっては、pdf国のガイドライン(309.78 KB)等も参考としていただき、適切な感染防止対策が講じられるよう、ご協力をお願いいたします。
 
【一般相談窓口(コールセンター)について】
新型コロナウイルス感染症に関して、苫小牧市の対応(公共施設の開設状況や子どもの預かりなど)について、ご相談をお受けするため、専用ダイヤルを開設しています。
【専用ダイヤル】0144-32-6079 (平日:8時45分~17時15分)

【収入減等により生活に困っている方に対する相談窓口について】
新型コロナウイルス感染症の拡大により、収入が減ってしまい、家計が苦しいなど、生活に困窮されている方々のための相談窓口を設置しています。
【詳しくはこちらをご覧ください。】
 
【飲食配達サービスについて】
市内で行われている飲食配達サービスを《こちらのページで》紹介しています。ぜひご利用ください。
 
【税・上下水道料金のお支払い期間猶予のご相談について】
新型コロナウイルス感染症の影響により、税・上下水道料金のお支払いが困難な方には、お支払い期間の猶予などのご相談を受け付けています。下記のリンクからご確認ください。
【 ご家庭などでのマスクなどの捨て方について】
新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、鼻水などが付着したマスクやティッシュなどを処分する際は、【こちらのページ】を参考にしてください。
 
【新型コロナウイルス感染症の影響による保険税(料)の減免について】
新型コロナウイルス感染症の影響により一定程度収入が減少した等の方を対象に、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料の減免を行います。まずは電話でご相談ください。【詳しくはこちら
 
【新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診について】
新型コロナウイルス感染症への感染の懸念から、医療機関への受診を控える傾向が強まっています。
自己判断で受診を控えることで、慢性疾患の症状悪化により、新型コロナなどのウイルスに対抗できない状態になることがあります。
かかりつけ医に相談しながら健康や持病を管理していくことが新型コロナウイルス対策にもとても重要なため、心配な場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。
【詳しくはこちら(厚生労働省HP)】
 
 

事業者の皆様へ

【飲食店等支援給付金事業について】
年末年始の忘新年会シーズンに大きな影響を受け、令和2年12月又は令和3年1月の売上が、前年同月比30%以上減少している市内の飲食店等の事業者を支援します。【詳しくはこちら

【経営継続支援事業について】
新型コロナウイルス感染症の影響で、売り上げが減少した市内の中小・小規模事業者のうち、前年同月比で30%以上50%未満減少している事業者を支援します。【詳しくはこちら


【苫小牧市雇用調整助成金等申請費用補助金について】
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業を余儀なくされた市内事業者に対し、事業活動の継続や従業員の雇用維持を図るため、国の「雇用調整助成金等」の申請をする際の費用を補助します。【詳しくはこちら


【中小企業・小規模事業者緊急相談窓口について】 
新型コロナウイルスに関連した様々な相談事項に対し、適切な相談先の案内、情報の提供(ワンストップ・総合案内機能)を行うため、中小企業・小規模事業者緊急相談窓口を開設しています。【詳しくはpdfこちら(736.72 KB)】
【設置場所】苫小牧市役所9階会議室(旭町4丁目5番6号)
【専用ダイヤル】0144-32-6445(平日:8時45分~17時15分)

【家賃支援給付金について】

経済産業省では、資本金10億円以上の大企業を除く中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者等で、新型コロナウイルスの影響で売上が前年同月比で50%以上減少又は連続する3か月の合計が前年同期比30%以上減少した事業者に対し、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給します。
【申請については【こちら】から
 


【持続化給付金について】

経済産業省では、10億円以上の大企業を除く中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者等で、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している事業者に対し、事業全般に使える給付金を支給します。
【申請については【こちら】から】

 

【苫小牧市中小事業者持続化支援金について】
新型コロナウイルス感染症により、持続化給付金を受け、運転資金の工面や雇用の確保に積極的に取り組む市内の事業者を支援します。
【詳しくはこちら
 
【北海道 経営持続化臨時特別支援金について】
道では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と事業継続に取り組んでいただいている事業者の皆さまをご支援します。
・支援金A
5月16日以降も引き続き、道の休業要請を受け対象施設の休業に協力している事業者には、10万円が支給されます。
※遅くとも5月19日から5月31日まで休業等の要請に協力した方が対象です。
・支援金B
休業要請の対象外だが、長期間の外出自粛や自主的な休業により、月の売上が前年から、1/2以下になった事業者には、5万円が支給されます。
【詳しくはこちら
 
【支援策について】
  • 新型コロナウイルスに関連する各種支援策をまとめていますので、ご覧ください。【詳しくはこちら
  • 中小企業・小規模事業者に関する補助金・セーフティネット等の証明書様式をまとめました。【詳しくはこちら
     
市発注の工事・業務における新型コロナウイルスの感染拡大防止について】 
新型コロナウイルスの感染拡大防止について、本市発注の工事、委託(設計・測量・調査等業務)におきましても、作業従事者の感染拡大防止に万全を期すため、次のとおり対応することとしましたので御協力をお願いいたします。 【詳しくはこちら
 
【休業等事業者上下水道料金支援事業について】   
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に係る休業協力や感染リスク低減に取組むことにより、北海道及び苫小牧市が実施する支援金の給付を受ける法人または個人事業者を対象として、水道料金及び下水道使用料の負担を軽減します。
【詳しくはこちら】 
 
【新型コロナウイルス感染症に係る固定資産税・都市計画税の減免について】
新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中小企業者・小規模事業者の税負担を軽減するため、一定の要件を満たす事業者の保有する事業用家屋及び償却資産に係る令和3年度の固定資産税及び都市計画税を事業収入の減少幅に応じて、ゼロ、又は2分の1とします。
【詳しくはこちら
 
【事業者向けQ&Aについて】
新型コロナウイルス感染症について、事業者向けのQ&Aをまとめました。感染予防対策や 万が一、事業所内で感染が確認された場合についての対応などをQ&A方式で紹介しています。
【詳しくはpdfこちら(573.57 KB)】
 
【新北海道スタイルについて】
北海道では、事業者の方々に対し新北海道スタイルの実践や業界ガイドラインの遵守などについて働きかけを行っております。
(8月、9月は新北海道スタイル集中対策期間です)
【詳しくはこちら

 

新型コロナウイルスの感染症対策と相談窓口について

 ※以下、厚生労働省ホームページより引用 
 

■新型コロナウイルス感染症の現時点で把握している特徴

<感染の仕方>
 一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。

※飛沫感染
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

※接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 

 集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集場所(多くの人が密集している)、3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発生が行われる)という3つの条件が同時に重なる場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。
 

<一般的な症状と重症化するリスク>

  • 発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなることが報告されています。
  • 罹患しても約8割は軽症で経過し、治癒する例も多いことが報告されています。一方、重症度は、季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されています。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高いことも報告されています。

■新型コロナウイルスの感染症の相談窓口

 北海道では、新型コロナウイルスに感染した疑いのある方を診療体制の整った医療機関に確実につなぐための「帰国者・接触者相談センター」と、「感染症に関する一般相談」の電話番号を全道で統一し、新たに「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」としました。
 

北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター
24時間相談窓口

0800-222-0018(フリーコール)

■少なくとも、以下のいずれかに該当する場合はすぐにご相談ください。
 ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
 ・重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方 
 ・上記以外の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
 症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐに相談してください。
 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。
   ・ 
接触確認アプリ(COCOA)から陽性の人と接触があったと通知された場合

■妊婦の方へ
 念のため、重症化しやすい方と同様に、お早めにご相談ください。

■お子様をお持ちの方へ
 小児については、小児科医による診察が望ましいため、かかりつけ小児科医院にご相談ください。
 かかりつけ医が決まっていない・わからない場合は上記健康相談センターへご相談ください。

【詳細はpdfこちら(234.37 KB)】
 

  新型コロナウイルスの予防について

新型コロナウイルスの予防に「運動」が有効です 

 全国的に感染が広がっている新型コロナウイルスの予防のために、手洗いとアルコール等による消毒を推奨しています。それらに加え、ウイルスから身を守る免疫力を高めるためには、「運動」が有効であるとの情報提供が筑波大学からありました。併せて、腸内環境を整える「食事」や「笑顔」も大切とのことです。
 気軽に取り入れることのできる「運動」や「食事」そして「笑顔」により免疫力を高め、ウイルス感染から身を守りましょう。

詳しくはpdfこちら(533.17 KB)
(「コロナウイルスの予防は手洗い×睡眠・食事×運動」(筑波大学久野研究室提供))
 

新型コロナを防ぐために!

 新型コロナウイルスを防ぐために必要な行動のポイントをまとめたリーフレットやポスターを作成しています。ぜひ、施設・店舗等へ掲示をお願いいたします。
  • 新型コロナを防ぐための6つの行動ポスター【pdfカラー(95.80 KB)・pdfモノクロ(93.65 KB)】
  • 新型コロナを防ぐにはリーフレット【pdf6/26更新版(636.71 KB)】
 

咳エチケット等について

 市民の皆さんにおかれましては、風邪やインフルエンザが流行している時期であることも踏まえ、マスクの着用や咳エチケットの励行、手洗いの徹底等、通常の感染対策を行い、予防に努めていただきますようお願いします。
 咳エチケットについて(厚生労働省ホームページ)
 
 
 

新型コロナウィルス感染症の影響による特別労働相談窓口について

新型コロナウィルス感染症の影響による特別労働相談窓口について」をご覧ください。
 

新型コロナウィルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置について

新型コロナウィルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置について」をご覧ください。
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません