ここから本文です。

季節性インフルエンザワクチン予防接種の接種時期について

 2020-2021シーズンは、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行が懸念されており、季節性インフルエンザワクチン予防接種の需要が高まる可能性があります。
 これに伴い、厚生労働省より、優先的な接種対象者(※)への早期の予防接種実施を呼びかけるとともに、優先的な接種対象者以外の方については、10月26日以降に接種していただくよう協力依頼が出されています。
 市民の皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。
 
※優先的な接種対象者とは、定期接種の対象となる以下の方を指します。
(1)65歳以上の方
(2)60~64歳の心臓・腎臓・呼吸器機能又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がいがある方で、身体障害者手帳1級をお持ちの方

 

インフルエンザについて

 季節性インフルエンザは急性呼吸器感染症で、高熱、悪寒、頭痛、関節痛などの全身症状が突然あらわれます。潜伏期は24~72時間です。呼吸器症状は遅れて出現することが多く、鼻閉、咽頭痛、せきなどです。合併症がなければ2~7日で治癒します。インフルエンザは流行の襲来の急速なこと、罹患率が高く多くの人が短期間にかかることが特徴です。

(公財)予防接種リサーチセンター 「予防接種と子どもの健康 2020年度版」から転載
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

感染症に関わる警報、お知らせについて

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません