きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

ロタウイルスワクチンの定期接種化について
  • 令和2年8月1日以降に生まれたお子さんを対象に、令和2年10月1日からロタウイルスワクチンが定期の予防接種(公費負担)となります。
  • ロタウイルスワクチンには「ロタリックス」と「ロタテック」の2種類があり、ワクチンによって接種回数やスケジュールが異なりますので、事前によくご確認ください。

1.ロタウイルスワクチンの概要

ワクチンの種類 ロタリックス ロタテック
接種方法 1回あたり1.5mlを経口接種 1回あたり2.0mlを経口接種
接種間隔・回数 27日以上の間隔をあけて2回接種 27日以上の間隔をあけて3回接種
接種する時期 出生6週0日後から出生24週0日後まで 出生6週0日後から出生32週0日後まで
※出生の翌日を1日として計算します。1週間後の同じ曜日が1週0日となります。
 

2.接種上の注意事項

  • 接種完了まで、最初に受けたワクチンと同じ種類のワクチンを接種してください。
  • いずれのワクチンも、最初の接種は生後14週6日後までに接種してください。生後15週を超えてから接種を始めた場合、腸重積症(詳細後述)のリスクが高まります。
  • ワクチンをうまく飲み込めなかったり、吐き出してしまった場合でも接種し直す必要はありません

3.腸重積症について

  • 腸重積症とは、腸の一部が隣接する腸管に入り込み、腸が閉塞した状態になる緊急性の高い病気です。
  • ロタウイルスワクチン接種の有無に関わらず、生後3か月頃から増え始め、2歳くらいまでの赤ちゃんがかかりやすい病気です。
  • ロタウイルスワクチン接種後、1~2週間程度の間は、腸重積症の発症リスクが高まるという報告があります。
  • 腸重積症を発症した場合、発症から時間が経過すればするほど外科手術になる可能性が高まるため、早めの治療が必要です。
【次のような症状が1つでもみられた場合は、速やかに医師の診察を受けましょう!】
□ 泣いたり不機嫌になったりを繰り返す
□ 嘔吐を繰り返す
□ ぐったりして顔色が悪くなる
□ 血が混ざったねっとりした便が出る

4.接種できる医療機関






 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません