ここから本文です。

B型肝炎ワクチンについて

 B型肝炎の予防接種については、平成28年10月1日から定期接種(自己負担なし)となっています。対象の方は忘れずに予防接種を受けましょう。
 

対象者

  • 平成28年4月1日以後に生まれた、生後1歳に至るまでの間にある方

対象外となる方

  • 平成28年3月31日以前に生まれた方(接種する場合は全て任意接種の取扱いとなりますのでご了承ください)
  • HBs抗原陽性の方の胎内又は産道においてB型肝炎ウイルスに感染したおそれのある方であって、抗HBs人免疫グロブリンの投与に併せて組換え沈降B型肝炎ワクチンの投与を受けたことのある方

接種スケジュール

標準的な接種スケジュール

生後2月に至った時から生後9月に至るまでに計3回接種
 

1回目

【以前に他の予防接種をしている場合】
  • 不活化ワクチンの場合は6日以上あけて接種
  • 生ワクチンの場合は27日以上あけて接種

2回目

  • 1回目の接種から27日以上あけて接種

3回目

  • 1回目の接種から139日以上あけて接種

実施医療機関

Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません