ここから本文です。

現在位置

日本脳炎ワクチンが定期接種となりました

日本脳炎ワクチンが定期接種となりました


  平成28年4月1日から北海道でも他都府県と同様に、日本脳炎が定期接種となりました。
  平成28年4月1日時点の年齢により接種スケジュールが異なります。
 

日本脳炎について


  日本脳炎とは、ウイルスを持つ蚊が人を刺すことによって感染する中枢神経(脳や脊髄など)の疾患です。
  潜伏期間は7~10日と言われており、症状は高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれん等です。
  致命率は20~40%程度と考えられており、神経学的後遺症を残す例が多くみられています。
   現在、ウイルスを持つ蚊は北海道には生息していないと考えられていますが、道外や海外へ行く場合には注意が必要です。


 

日本脳炎ワクチンの実施医療機関

 ※【平成28年5月23日更新】浪岡内科消化器科クリニックが追加されました。
  pdf実施医療機関一覧(33.98 KB)

  持ち物…母子健康手帳、予診票(予診票は医療機関に用意されています)
  
  料 金…対象年齢の方は無料

  
 

日本脳炎ワクチン予防接種の副反応について

 
  発熱や腫れなどの局所反応、じんましんがみられる場合があります。また重篤症例としては熱性けいれんとアナフィラキシーが報告されておりますが、死亡報告はありません。

 

予防接種健康被害救済制度について


   万が一、この予防接種が原因で健康被害が発生した場合は、予防接種法に基づく救済制度があります。
   この救済制度の請求について、厚生労働省が因果関係を認定した場合、国の定める医療費、医療手当等
の給付を受けることができます。

    予防接種健康被害救済制度(厚生労働省)

 

接種スケジュール 

    
  生年月日による接種スケジュールをフローチャート形式で一覧にまとめました。
  ご参考ください。

  pdf日本脳炎接種スケジュール確認フローチャート(147.93 KB)



   合計4回の接種を行います。(1期初回1回目、1期初回2回目、1期追加、2期)
   標準的には、3歳になったら以下のスケジュールに従って接種を開始してください。
 
     pdf標準的接種スケジュール(115.26 KB)  

 標準的接種スケジュールに該当しない年齢の方も、対象になっています。
 対象者は「生後6か月から7歳半に至るまでの方」「9歳から20歳に至るまでの方」です。
 平成28年4月1日時点の年齢によって接種スケジュールが異なります。
  
 以下に生年月日ごとに該当する接種パターンを記載します。接種間隔については医師とご相談の上、接種を開始してください。


   生年月日をご確認ください
  
  ・平成21年10月2日~平成27年10月1日生まれの方
    …パターンⅠをご覧ください


  ・平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方
    …パターンⅡをご覧ください

  
    ・平成8年4月2日~平成19年4月1日生まれの方
    …パターンⅢをご覧ください



 

  パターンⅠ   H21.10.2~H27.10.1生まれの方

 
 ● 生後6か月から3歳未満の方
  道外、海外へ行くなど特段の事情がない場合は、3歳になってから「pdf標準的接種スケジュール(115.26 KB)」で接種を開始してください。


 ● 3歳~4歳未満の方 
   「pdf標準的接種スケジュール(115.26 KB)」で接種を開始してください。
   間もなく4歳を迎えるなど、標準的接種スケジュールでの接種が難しい場合は、「pdfパターンⅠスケジュール(99.39 KB)」で接種してください。
   

 ● 4歳~6歳半未満の方
   7歳半に至るまでに1期初回2回と1期追加を接種し、9歳から13歳に至るまでに2期を1回接種してください。

   7歳半に至るまでの期間は、1期3回が定期接種となります。また、9歳から13歳に至るまでの期間は2期1回が定期接種となります。

   7歳半を越えると1期は定期接種とはなりません。ただし、7歳半までに1期3回を定期接種として完了していなくても、9歳から13歳に至るまでの期間で2期1回を定期接種として接種できます。

     pdfパターンⅠスケジュール(99.39 KB)

   ※ 7歳半~9歳未満の期間は定期接種対象外です。

 

  パターンⅡ   H19.4.2~H21.10.1生まれの方

    
    7歳半に至るまでに1期初回2回と1期追加を接種し、9歳から13歳に至るまでに2期を1回接種してください。

   7歳半に至るまでの期間は、1期3回が定期接種となります。また、9歳から13歳に至るまでの期間は2期1回が定期接種となります。

   7歳半に至るまでの期間が短いため、1期3回を接種できない場合、残った1期分については9歳から13歳に至るまでの期間で接種すれば定期接種となります。(救済制度)

   pdfパターンⅡスケジュール(136.32 KB)

 

  パターンⅢ   H8.4.2~H19.4.1生まれの方

   
    20歳に至るまでに1期初回、1期追加、2期1回を接種してください。
   20歳を過ぎた場合は定期接種として接種できませんのでご注意ください。
    
   pdfパターンⅢスケジュール(96.64 KB)

 

 関連リンク


    日本脳炎についての詳細(厚生労働省)
  
    日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A(厚生労働省)







  
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

母子保健、成人保健、予防接種

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

くらしの手続き
医療・健康

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません