ここから本文です。

現在位置

雪かきボランティア事業

雪かきボランティア事業について

 雪かきボランティア事業は、高齢等の理由により、自ら除雪を行うことが困難で、他の支援も見込めない世帯及び地域での除雪が困難な通学路等を対象に、ボランティアの協力を得て除雪の支援を行うものです。
※本事業は、社会福祉法人苫小牧市社会福祉協議会(以下「社協」という。)への委託事業           
 として、実施しています。
 

利用者対象要件

 世帯全員が自ら除雪を行うことができず、家族等の支援も受けられないこと、かつ、次の各号のいずれかに該当する世帯を対象とします。ただし、共同住宅や二世帯住宅等で道路から玄関までのスペースを他の世帯と共有している場合は除きます。
(1)75歳以上の高齢者で、疾病等により除雪が困難である方
(2)要介護(支援)認定を受けている方
(3)重度の身体障害者手帳(1・2級)の交付を受けている方
(4)その他市長が特に必要と認めた方
 

利用者登録

 対象と思われる世帯に民生委員が訪問しますので、ご相談ください。
 ※1 社協によるアセスメント実施後、決定します。
 ※2 利用者負担金はございません。
 

ボランティア登録

 社協へ直接申し込み願います。
 ※1 ボランティア登録者には、300とまチョップポイントを付与いたします。
 ※2 ボランティアの皆様には保険に加入していただきますが、保険料の負担や手続きの
   必要はありません。
 ※3 ボランティア報酬はございません。
 

除雪実施期間

 12月1日から翌年3月31日まで。
 

その他

(1)近くの市道等に除雪車が入った時を目安とし、日の出から日暮れの時間帯を目標に
   除雪を実施しますが、除雪車が入らない場合でも、ボランティアの判断で除雪を行う      
   ことがあります。
(2)除雪に伴う開始時間等の調整は行いません。
(3)ボランティアの協力により行うため、除雪を実施できない場合があります。
(4)除雪を開始する時及び終了した時には、原則利用者に声かけを行います。
(5)除雪時に利用者が留守の場合は、連絡用紙を投函します。
(6)除雪場所は、玄関口から道路に面した出入り口までとし、幅員1m程度とします。
   通学路等の除雪においては、通行に支障が無い程度の幅員とします。
(7)除雪用のスコップは、原則利用者が用意します。
(8)除雪時には、ボランティアの方は原則規定のベスト等を着用します。
(9)利用者とボランティアとの調整は、社協が行います。
 

詳細・お問い合わせ

 社会福祉法人 苫小牧市社会福祉協議会
 電話:0144‐84-6481

お問い合わせ

福祉部総合福祉課
電話:福祉総務担当:0144-32-6354、地域福祉担当:0144-32-6345、福祉相談担当:0144-32-6189
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

地域福祉

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません